スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
家には小説がいっぱいある。こう書くと読書家みたいたが、ジャンルはミステリーのみ。誰でも名前は聞いたことがある作家の代表作が並ぶ程度である。


マンガは過去に読んだものを何回読み返しても楽しいもので、暇な時に彫り出したりすることもある。小説は失礼ながら一度読めば紙の塊。中には小説も読み返す人もいるようだが、その感覚は自分にはない。


問題なのは、購入して一度も手つかず、もしくは途中で読むのをやめた小説が何冊かあること。全体の約3割はそうで、最近は長距離移動の際にそれらを選んで読むようにしている。


家を出る前に何冊かタイトルを見て、初めの数ページをペラペラめくって、よし読んだことないと確信したらカバンに入れる。ここまでやっているのに、やっているのにだ。


いざ、新幹線の中で読んで、続きが気になりだして、ホテルでも読書にふける。物語が中盤から終盤に差し掛かったあたりで気づくのだ。


「これ、見たことがある」と。


自分は小説に限らず、文章を読む際に脳内ですべて映像に変換する。おそらくだいたいの人が頭の中で映像化していると思うのだけれど、いきなりピンとくるのだ。読んだことがあるのではなく、見たことがあると。


いきなりピンとくるのだったらもっと早くに来いよと。そこそこ終盤になって、盛り上がる部分でようやく気づくのだから、時間の無駄もいいところ。最近、それが多くて本を持って行くのが怖い。


先ほど、さらっと映像として記憶するといったが、じつはこれ、パチスロの解析数値なんかも一緒の覚え方。雑誌やネットにある数値を、数値そのものを頭に叩き込むのではなく、自分の目で見ている視点で記憶するクセがある。例えば…。




必勝ガイドから抜粋したバジリスク絆のAT当選率も、この映像として記憶するから、朝比奈が偶数を見抜くことに時間がかかると言っていることも頭に刷り込まれてしまうのだ。


もちろん、完璧に覚えられるわけじゃないし、むしろ、引き出す情報量は弱いのではないか。だから、まったく記憶されずに印象の強い部分までこないと思い出せないことが多々起こるのではないか、最近そう思うようになってきた。


あと10年、20年もすれば脳の退化は避けられない。もしや、自分のような記憶法はよくないのではと怖くなる。ライター仲間と行ったホールだったり、大好きな女性と行った思い出の場所を思い出せなくなり、話についていけなくなったらどうしよう。



それだけは絶対に嫌なので、脳はたしかに衰えるが鍛えることもできる。まずは家にある本を読んで、過去に読んだかどうか、記憶のゆりかごをゆっさゆさ振ってみようと思う。ちなみに、我が家にもある荻原浩さんの著書「明日の記憶」は名作。みなさんもぜひ。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
2月14日号のコラムにも書いた「中武・栄華、チェロスの廃業ホール探訪記」が、今年の夏に再び開催されるという話を伝え聞きました。開催日は7月8日(土)に予定しているとのことなので、前回のトークショーを観たかったけど用事があって行けなかった…という方は、ゲームセンターライズさんのHPやツイッターを要チェックですよ。


ところで、件のトークショーを観に行って、ふと思い立ったことがあります。昔のホールの写真を私はほとんど持っていないけど、昔の実機なら持っていたんです。もちろん、実機のコレクターではありませんが、大好きな機種がお店からハズされる時に譲っていただいたり、中古で買ったりして今もパチスロが4台(クランキーコンドル・4号機のキャッツアイ・めぞん一刻2・エースをねらえ!)と、パチンコが数台(初代牙狼など)手元にあったりします。そして実は、私が大学生の頃、夏休みに買ったパチンコ台が、実家の倉庫に大事に保管している…いや、保管していたんですよ。機種名はスーパーワンダー(10カウント以前の京楽の羽根モノ)と、スカーレット(同じく30秒機時代の京楽のセブン機)。最後に電源を入れたのが約25年前ですから、果たして今も動くかどうかわかりませんが、もしも完動品であれば何かの企画に使えるかも?

おりしも、今年の4月だか5月には「パチンコ必勝ガイドCLASSIC vol.3」が発売されるらしく、時間的にこれには間に合わないけど、今から企画書を提出しておけばvol.4でこれらの機種を使って何か面白いことをやれるかも知れない!

ちなみに、私がこの2機種を手に入れた当時、中古屋さんなどはありませんでした。じゃあ、どうやって入手したのか? 実は国道213号線の杵築市付近で、道端に軽トラを停めて露店を開いていた、見るからに怪しいおじさんから購入したんです。羽根モノは1台1000円、セブン機は1台2000円、玉は千個を1000円で買いました。てゆーか、このおじさんは何者なんだろう?

後になって知ったことですが、この頃はメーカーの下取りシステムが確立されておらず、ホールが新台を購入してハズした台が不要になると、廃棄処分するしかなかったそうです。しかしながら、業者に依頼して廃棄処分にするとお金がかかる。それで、山奥の倉庫に押し込んで放置したり、店の敷地に雨ざらしで積み上げたりと、無茶な対応をしていたみたいなのですが、保管すべき倉庫も土地もない経営者や、ホールを廃業して店舗を誰かに売る経営者は、処分するのにカネをかけるくらいなら、二束三文でもいいから少しでもカネに変えようと、田舎では道端で露店っぽい投げ売りをしていたらしいんですな。まぁ、これを私に教えてくれたのは、廃業したホール経営者の息子ですから(大学時代の友人)、少しは話に脚色があるかもしれませんけど、大筋では間違いないと思います。


話が逸れましたが、思い立ったが吉日というわけで、私は田舎の母に電話をかけました。あーもしもし、あなたを心より愛するあなたの息子ですが、東の倉庫にしまっておいた私のパチンコ台は、今もそのまま保管されていますか?

母・千恵子(仮名)「そんなもん、とっくの昔にお父さんが捨てちょるわ。トラクターを停めておくのに邪魔になるちゅうてなぁ…。もう10年以上も前んこつよ」

…そ、そりゃあないでしょう。だって、あれは僕に所有権があるんですよ。

母・千恵子(仮名)「そげんこつ言うてんなぁ…。何十年か先にあっちに行ったら、そんときお父さんに文句を言うちゃりよ。ないもんはしょうがなかろう」

がっかり。

頭の中で構築しつつあった新企画が、ガラガラと音を立てて崩れた瞬間でした。やっぱり、大事なものは自分の手の届くところで、自分できっちり管理しておいた方がいい。5月の末に父の七回忌の法要を行いますが、私が父のところに行くのはまだまだ先の話なので、仏壇の前で父の位牌と酒を酌み交わしながら、私のスーパーワンダーとスカーレットを処分したことに、きっちり文句を言ってやろうと思います。そうか、父が71歳で他界してもう丸6年になるのか…。

08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
先日、新機種紹介の動画撮影があったのですが、それから左手の調子が悪いです。

肩こりに近い感覚だったのでマッサージに行ったら、揉み返しのような痛みが今度は右首に現れ、現在は右に顔を向けることができません。新機種紹介の動画はいままで何本もやっているのですが、いまだに慣れない仕事っす。これを毎日のようにやっているメーカーの営業さんはホント凄いわ。

実戦動画とは違い、新機種紹介は台と対峙するのではなく、カメラに対して開いて座ります。ちょっと腰をずらして液晶画面を撮りやすくするパターンもあれば、コンビの漫才師ぐらい開いてツッコミを入れるぐらいの感覚でボタンを押すパターンもあります。このパターンだと台から遠い方の手は使えません。

右から撮るか、左から撮るかもディレクター次第で、その時は慣れない左手で打つことになったのですが、これがキツい。30〜40分という新機種紹介の動画としては長丁場の現場だったので、このままの姿勢で6時間程度。チャンスゾーンの紹介や上乗せ特化ゾーンのシステムなど、喋らないといけないことを必死で喋っているので打っている時は痛みが無かったのですが、徐々にコリが増してきて、最終的にマッサージ屋さんで爆発ですよ。新機種紹介は簡単そうに見えますが、カメラ位置によってはライターの負担が大きいことをわかって欲しいです。

そんな近況報告はさておき、先週から引き続きわたしのショールームラッシュは続いております。
今週はポセイドンを打ってきたのですが、プロジェクションマッピングは気にならないレベルですね。




忍者屋敷によくある物理的に回転する扉に、映像を照射しています。

このプロジェクションマッピングは重要な「ゾーン」でしか発生しないので、これまでのゴッドシリーズと同じ感覚で打てます(液晶が小さくなったので、慣れるまでは若干物足りなさも感じました)。

リアルボーナスはありますが、見た目はチャンスゾーンなので通常時はいままでと同じ感覚で打てますが、GG中はゲーム性が大きく変わっているので賛否両論ありそうです。盾を集めて最後にジャッジする方式は某マシンの玉集めに似ており、自分は嫌いではないですが、ダメな人にはダメなんだろうな。この抽選システムはサブ基板ではなくメイン基板で抽選しなければならないことになったことで生まれました。変革期は同じようなシステムになってしまうのは必然でもあります。

ポセイドンの導入は3月下旬。もうすぐです。
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
山佐からは『パチスロモンキーターン掘戮函悒僖船好蹈ン肉マン 〜夢の超人タッグ編〜』
エレコからは『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』
大都技研からは『押忍! 番長3』

3月から4月にかけてビッグタイトルの続編リリースが続くので、ライター陣は各社ショールームに通いつめています。
ショールーム実戦は実戦時間も短く、ステージチェンジのゲーム数や、小役のカウントなどデータ採りが煩雑なので、基本若手の仕事になっております。ライター歴で言えば15年のわたしがショールームに行ったりすると、

「松本さんは、若手の仕事を取らないでくださいよ! 俺、お金ないんだから!!」

主にマエダさんに怒られるのですが(本気半分、冗談半分)、ショールーム実戦数に対してライターの確保がままならず、最近はわたしもショールームにお呼ばれすることが多い毎日です。自分はもともと新台が好きですし、設定6を打てる(近くで見ることができる)ショールーム実戦は大歓迎なのですが、マエダさんの言うことも一理あるので、そこはバランス取っていかないとなぁ。



導入は4月17日予定なので、まだちょっと先なのですが、サミーで『パチスロ獣王 -王者の覚醒-』を打ってきました。
前作が「王者の帰還」で、今回が覚醒。略称は……獣王になるのかな。

機種仕様を説明しますと、
リアルボーナスが初代獣王ぐらいの確率で、ボーナス中は押し順当てゲーム。当選したらCZとなるのですが、通常時にはチャンス役でCZ抽選もしております。

ART中は前作と同じく獣玉を集めるのですが、前作は10個貯めたら上乗せ特化ゾーンに移行していたところ、今回は5個でOK。

特化ゾーンはダチョウ、ゴリラ、ライオンが用意されている点は前作と同じ。チャンス役等を引くと、上位バージョンの「覚醒」(5ゲーム1ワンセット。継続ループ)に移行します。


打っている感覚で言えば、リアルボーナスはありますがART中などはおおむね前作を踏襲した感じです。上乗せ特化ゾーンの叩きどころが明確なので、前作が好きだった人はしっかりハマると思います。

このマシンで驚いたのが「朝イチリセット時の特典の大きさ」です。初代獣王を打っていた時は、朝イチ最初のハズレを引いた後のドキドキ感は相当なものだったので(設定6はハズレ≒サバチャンだった)それを意識したのでしょうか。開発者の方も、できるだけ朝に打ってもらいたいマシンにしたとおっしゃってました。
最近のマシンでは珍しいぐらいの特典ですから、詳しくはガイドで要チェックだ!! (久しぶりに要チェックだを使ったなぁ)

©Sammy
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
先日、仕事で兵庫県は姫路に行ってきた。失礼ながら岡山県だと思っていた姫路素人だが、姫路城の存在は知っている。黒田官兵衛ですっかり有名になった姫路城を、一目見ておこうと考えたわけだが、どうやら閉園が17時。影武者にパチスロを打たせないと間に合わないみたい。


それ以上に心を折られたのが、城敷地内の見取り図である。





実際の距離はわからないが、広いことだけは間違いなさそう。簡単に踏み入れることができない城ほど優秀な城というのは、先ほど思いついた誰でも考えそうな特徴で、歩いているうちに心が折れるのは、観光客にとってありがたくはない。


なにかこう、惹きつけられる何かがあればモチベーションを保てるということで、パチ屋の常連さんに姫路城の聞いてみたところ…。


「まあ、城っすね」


との答えが返ってきた。なるほど、城か。言いたいことはわかる。地元民にとって、当たり前に昔からあるものは、けしてありがたいものではないのだ。北海道釧路市出身の自分も、湿原には数回しか行ったことがないし、ただの湿地としか思わない。海産物も普段から食べていたから、北海道の魚介類は美味いと言われても、他県の人との温度差があるのである。


じゃあ見なくていいや。移動中、車内から外観だけは確認できたし、迫力は十分に伝わった。やり残したこどかある、そのほうが次回のモチベーションになるし、5万負けて敷地内を歩こうものなら、フラついて高いところから落下するかもしれないし。


それならせめて食だ。B級グルメがイチオシと聞いたから、食べてみたんだけど…








美味いんだよ。美味いんだけど、上は小倉名物の焼きうどんで、下はホールの食堂のサービスランチ。姫路とはいったい何なのか、わからぬまま帰宅である。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|