スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
少し前の話になりますが、2月5日に新宿ロフトプラスワンで行われたゲームセンターライズさんが主催するトークショー「中武一日二膳・栄華、チェロスの廃業ホール探訪記」を観に行きました。



私はあくまで個人的な趣味で参加したにもかかわらず、会場に着いたらライズさんのご厚意で関係者席に通されたりしてすげぇ恐縮したのですが、トークショーが始まるとそんな気持ちはあっという間に消え失せ、御三方の奥深いトークに完全に引き込まれてしまいました。

トークショーのタイトルこそ「廃業ホール探訪記」になっていますが、実際に廃墟と化したホールの跡地の写真はさほど多くなく、廃業する直前の写真や、廃業した後の建物が他業種に転用されている写真が大半を占めていました。栄華さんご自身も「私は廃墟に興味があるわけではなく、古いパチンコ屋さんが大好きなんです。だから、近くのパチンコ店が潰れましたという情報より、こんな昔ながらのパチンコ屋さんが今も営業しています…という話の方が嬉しい。潰れた情報よりむしろ、閉店する前に教えてください」とおしゃっていましたが(要約)、そこらへんの考え方は私も同じ。田舎に行くと時おり「ああ、この建物は昔パチンコ屋さんだったんだなぁ…」と思わせる、そんな他業種のお店をいくつも見かけますが、私も敷地が草ぼうぼうの廃墟を見るより、パチンコ屋さんの面影を残す日本人形の店や鉄工所や雀荘や食堂を見る方が数百倍も好きですから。ホールの建物にも第二の人生があっていいじゃないか!

そして、驚いたのは二膳ちゃんに「古いホールを写真に撮る趣味」があったということです。二膳ちゃんといえばビタ押しの達人で、なのにビタ押しが全く意味をなさないGOD専門スロッターで、なおかつ筋金入りの鉄ちゃん。私はそんなイメージしか抱いていなかったのですが、栄華さんの写真に次いで紹介された二膳ちゃんの写真の凄いこと凄いこと…。一般の方にはまるっきり興味がわかない写真だと思いますが、同好の士にとっては素晴らしいお宝写真の山ですわ。


嗚呼、私も液晶演出の写メばかり集めだけじゃなく、昔のホールの写真を撮っておけば良かった!

そんな風にも思ったのですが、今となっては後のフェスティバル。まぁ、昔は今のようなスマホもカメラ付きケータイもありませんでしたし、パチ屋の外観を撮るだけならまだしも、店内でカメラを構えたら店員さんが飛んで来るのが普通でしたから、写真を残すにはよほどの根性が必要だったでしょうけどね。


…で、私のライブラリーの中に残っていた、数少ない廃業ホールの写メがこれ。



今は亡き、大分県杵築市の「キング会館」さんです。

古いガイド読者さんなら覚えておられるかも知れませんが、パチスロ必勝ガイド2001年2月号で行われた91時間バトル特別編のVS「センチュリー21」バトルは、知る人ぞ知る宮城県大河原町のエンパイアさん(すでに閉店)で行われました。エンパイアさんにセンチュリー21は1台しかなかったのですけど、キング会館さんには1シマ16台が残っており、どうせ遠出するならこの店でバトルをやりましょうよと、当時、私は片岡編集長に意見具申したんですけど、宮城県と大分県の距離の差が出たんでしょうね。あまりにも予算がかかりすぎるという理由で、残念ながら却下されました。

だけど、大分は私の生まれ故郷ですから、実家に帰るたびにキング会館さんに行き、最後は8台に減台されたセンチュリー21を打って(半分はイエティに入れ替えられてました)、適度にお店の収入に貢献していたんですけど、2003年の3月に行くと入口の扉が固く閉ざされていましてね。あまりにも悲しくて写真を数枚撮影した内の1点がこの写真です。今やキング会館の建物は完全に取り壊されて個人の住宅になっているらしいんですが、いまになって考えると写真を残せて本当に良かったと思います。


トークショーの終了後、私は打ち上げにも呼んで頂いて、皆さんといろんな話をしたんですけど、栄華さんが淋しそうに言った一言が妙に印象的でした。

「ホールの外観写真の貴重さ。それを撮ることができたのに、撮らずに過ごしてきた日々を思うと捨て鉢になりかけることもありますが、今後も撮り続けようと思います」

その意気やよし。同好の士として私は栄華さんを応援します。

08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
仕事始めから忙しかったのですが、一月末ぐらいから休みの日がちょいちょいあるので、積極的にホールに行っています。
2月末に攻略大合宿というDVDムック企画があるのですが、これがガチンコ立ち回り実戦なので、その調整も兼ねて、出来るだけホールにいようとしているのです。

前回、エウレカAOがいかに爆発するかってことを書いたのですが、いまだ爆発どころか手応えも掴んでいません。
設定狙いする際はART中のハズレは信用できますが、その他の要素が不安定過ぎるため使えませんし、そもそも自分の行くホールに高設定が入っているのかどうか疑問です。つまり心が折れかかっているのですが、天井はボーナス間900Gで、データカウンターはART突入でリセットされるため、550Gからゴーサインを出せばなんとか拾えるレベルにあるため、ここは心を鬼にして天井警備隊(©ベンチ猪俣)に徹しようと思います!!

そして、もう一機種、ずっと避けていたバジリスク絆も打っています。
バジリスク絆はわたしより、詳しいライターがたくさんいますし、動画では出来るだけ打たないようにしていましたが、ガチ実戦でバジリスク絆以外は打てないような状況もあるわけで、いつまでも避けているわけにもいきません。最近はめっきりご無沙汰だったのでリハビリがてら狙うようにしているのです。

これまで高設定で勝った記憶がほとんどなく、フリーズもショボ連で終わっていたため、相性は最悪の部類。この苦手意識をちょっとでも克服できればと思っていたところ……





朝イチ朧画面から始まって6セット目にそれは訪れました。
きっかけは真瞳術。
アホみたいに瞳術リプレイが揃って、なんと10ループで45個乗せ。
これまで9999枚カンスト画面はみなさま何度かご覧になったことはあるかと思いますが、それらと比べて到達ゲーム数が少ないのは真瞳術がBC扱いで、そこでBCを稼ぎまくったからです。

昨年、修羅で一撃9500枚オーバー写メを載せた時に「ドヤ顔で写メは恥ずかしい」ってなことを言ったのにもかかわらず、またしても載せてしまいました。こういう時代だから景気の良い写真を載せたいってのもありますが、もしかして自分は勝ちキャラに復帰したいのでしょうか。赤テンを見ていると無理だってのは承知しているんですけどね。

08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
ついに念願叶いました。


以前、このコラムで串カツ屋のチンチロについて書いたことを覚えているでしょうか。サイコロを2個振り、偶数ならハイボールが半額に、奇数なら2倍のサイズになり料金も2倍、ゾロ目なら一杯無料といったルールです。


私はかねてより、このチンチロに情熱を注いでいて、いつかゾロ目を出してやると意気込んでいたわけですが、ついに出しました。それも、よりハードルの高いチンチロで。


この日、編集部で座談会を終え、夕方から八百屋コカツさんと高田馬場の馬場の串カツ屋へ行った。私がよく行くチェーン店の串カツ田中ではなかったが、ハイボールチンチロがメニューにあった。


串カツ田中との違いは、サイコロが3つであること。出た目の合計が偶数なら半額、奇数なら2倍のサイズ&2倍の料金であることに変わりはなく、出た目の合計が8、つまり、1・3・4や1・2・5といった出目なら一杯無料のルールである。


そして、ゾロ目なら…その後のハイボールが永遠に無料となるスペシャルサービスである。もう飲めません、そのときまで無料タイムが続くなんて夢のようだ。


もちろん、俺たちはギャンブラー。最初から全開で振りにいく。二人合わせて6回は投げたころ、私は異変に気づいた。目が寄っているのだ。4・4・6、5・5・6といった具合に、ゾロ目に近い目が連続しているのである。


八百屋さんはバカだから、そんなこと気づいてなく、「惜しいぃぃぃ」を連呼していたけど、これはグラサイ、つまりイカサマのサイコロではないかと疑いを持つようになった。


惜しいからその気になって次こそ次こそと、無限に振らす作戦ではないか。怪しいと思ったのは、他にもあって、通常、サイコロとは1の目だけが赤く染まっているのはご存じだろう。しかし、このサイコロは1と、なぜか4が赤いのである。この赤目が重さを調整していて、ゾロ目に寄る仕組みになっているのではないか、私はそう考えた。


もし、次もゾロ目に近い目が出るようなら、この串カツ屋は帝愛グループの支配下にある、そう確信せざるを得ない。いつもの右手ではなく、左手で力なく振ると、1がふたつ止まるのが見えた。やはり、ここは帝愛の支配下だ、危険すぎるぜと、器を掴んで投げ捨てようと思ったら…。





僥倖っ、なんたる僥倖っ! ハイボール、永遠無料っ! 器を掴もうとした手をグーにかえて、その場で天高くガッツポーズである。八百屋さんなんて、最初こそ興奮していたけど、ライバル意識が強いから、嫌味も忘れない。


「虫君は2017年の運をすべて使い果たした」


「ゾロ目なんて弱チェみたいな確率でしょ。そんなの引けるよ」


それならもう振らなければいいじゃない、そう言っても意地になって振り続ける八百屋さん。ついに、「俺はゾロ目は出してないけど、半額の偶数をよく出している」と、強気なのか弱気なのかわからない発言まで飛び出した。それにしても腹立つ顔である。





もはや、ただの意地っぱり。もうそろそろ帰りたいと思ったところで奇跡を起こすのがスター八百屋。なんと、5ゾロを出して起死回生のハイボール永久無料。八百屋のガッツポーズを久しぶりに見たわけですが、やはりスターはひとつ上を行きますね。その直後、店員さんにこう告げられました。


「ラストオーダーのお時間です」

08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
来たる2月20日より設置がスタートする、サミーさんの最新機機「パチスロ宇宙戦艦ヤマト2199」のショールーム試打に行ってきました。



この機種は1974年に読売テレビをキー局として放映された「宇宙戦艦ヤマト」の、リメイク作品として2012年に制作(TBS系列での放映は翌2013年)された「宇宙戦艦ヤマト2199」の版権を使用したマシンで、かつて山佐さんから登場した「パチスロ宇宙戦艦ヤマト」および「パチスロ宇宙戦艦ヤマト2〜テレサ、愛の導き〜」とは権利関係が全く異なります。従って、ストーリーの根幹は同じでも映像的な見せ場や細かな設定、さらにはキャラクターデザインも新たに起こされ、私の世代が慣れ親しんだ「ヤマト」の面影は少しも感じられません。


たとえば、物語のヒロインである森雪のデザイン。







上から順に、山佐さんの初代ヤマト、ヤマト2、サミーさんの2199ですが、完全な別人と言っていいほど違っています。もちろん、2199の方が今風の洗練されたデザインであり非常に見栄えも良いのだけど、個人的にはやっぱり松本零士氏の画風が強い昔のデザインの方が好き。ちなみに、原作のヤマトは権利関係がいろいろとややこしくなっていて、オリジナルのキャラを生み出した松本零士氏は新作の2199に一切関与しておりません。正直、プロデューサーの故・西崎義展氏との確執や裁判の話を聞くにつけ、当時のヤマトファンは暗い気持ちになったのですが、そうしたしがらみを全て切り捨てて制作されたことに、2199の存在意義があると私は思います。当然、その版権を使ってパチスロ化したサミーさんにも敬意を表します。


ところで、ヤマトといえば敵将・デスラーがもう一人の主役のようなものですが、そのデザインの変遷はこんな感じ。







デスラーに「アベルト」なんてファーストネームがあったなんて知りませんでした。いや、もちろんこれも新たに設定された要素なんですけどね。


それと、2199で最も大きな変更点といえば、ヤマトの乗組員として女性キャラがわんさか登場したことでしょう。厳密にいうなら旧作ヤマトにも女性乗組員が登場する回があるのですが(太陽系から離脱する際の艦内パーティーのシーン)、公式にはなかったことにされているので、やはり旧作の女性乗組員は森雪ただ一人。さすがにこれでは無理があるということで、戦闘班も航海班も生活班も3交代制が敷かれ、森雪の交代要員としての女性クルーのほか、ハヤブサ隊(旧作におけるブラックタイガー隊)に女性パイロットが追加されました。



お風呂のシーンではにかんでますが、この子は山本玲(やまもとあきら)といいます。旧作でブラックタイガー隊の副長みたいな立場にいた山本明を女性化したキャラですが、いわゆるアホ毛(分け目からピョンと跳ねた髪の毛)と緋色の瞳がトレードマークになっており、これもまた時代の移り変わりを感じさせてくれます。


当コラムではゲーム性について敢えて触れません。ガイド読者の皆さんには、是非ともホールで実際にプレイして理解して頂きたいな…と思います。個人的には牙狼より好きかも。


ちなみに、実は4号機時代にすでにサミーさんから「宇宙戦艦ヤマトA」という、旧作の版権を使用したパチスロが登場しています(メーカー名義はバンプレスト)。オーソドックスなAタイプ機なのですが、何かの間違いじゃないかと思うくらいスペックが辛く、液晶画面も搭載されていない上に設置台数も少なかったため、私は五反田の某店で1回しか打つ機会がありませんでした。なお、これとは別にビスティさんから「大ヤマトA」「大ヤマトS」というストック機が登場してますが(Aはストック判別でボロボロにされた機種)、こちらは権利関係が松本零士氏に帰属していて本家の「宇宙戦艦ヤマト」とは全くの別物だったりします。嗚呼、ややこしい。

今考えると、もう少し打っておけば良かったかな。大ヤマトAはデータ取りで一度打っただけで、攻略ネタが出て以降は触りませんでした。面倒くさいことに巻き込まれるのが嫌だったし…。

とまぁそんな感じで、まとまりのない今回のコラムは終了。


(C)東北新社/(C)YAMASA
(C)東北新社/(C)YAMASA
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
(C)Sammy
08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
本日はパチスロ必勝ガイドの発売日。月末の配信は、毎回、僕が出させてもらっている「回胴遊撃隊」の宣伝にしようかなと思っています。このコラムを読んでくれている人は、ガイドを買ってくれている…勝手にそう思い込みます。


そうでない人には、そんなことやってんのかよと興味を持っていただき、それがきっかけで購入していただければ、これ以上ない幸せでございます。


さて、今回の遊撃隊は、ずばり「バスツアー」に行ってきました。最近、女子ライター&芸人さんと行くバスツアーなるものが流行っていると耳にしたコホさん。旅が好きなコホさんにとって、バスツアーはまさにうってつけ。そこで僕が段取りをして、バスツアーに行く…というのが今回のお話。


おっさん二人のバスツアーは、見た目に難があります。バスツアーと言えば女子ライターの存在は欠かせないというわけで、女子ライターをゲストにお迎えしました。僕が知るかぎり女子ライターの遊撃隊ゲストは初、長い歴を持つ担当編集も自分が知るかぎりは初と言っていたその女子ライターは…。





朝比奈です。サイン色紙に「SLOT LOVE」と書き加える朝比奈です。今どきサッカーが好きな小学生でも、ノートに「SOCCER LOVE」とは書きません。彼女は純粋とバカの狭間にいる、かわいいコなんですよ。


バスツアーといっても、クラブワールドカップでレアルマドリードが移動に使うような豪華バスではありません。おもいっきり、普通の街中を走る都バスです。







こんな旅がうまくいくと思いますかね。途中、お茶したり、パチスロを打ったり、歩いたり、歩いたり、歩いたり、そして最後には…。これ以上は僕の口からは言えません。あとはみなさまの目でご確認ください。


08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|