スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< バイソン松本「松本プレミアム」 | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
これまでにも当コラムで何度か書いたことがありますが、私はアニメの「名探偵コナン」が大好きでしてね。





毎年春にGW映画として封切られる劇場版は必ず観に行ってますし、2011年の第15作「沈黙の15分(クォーター)」以降はブルーレイも購入するようになりました(それ以前の14作品はBS日テレで放映された映像をDVDに落として個人的に楽しんでいます)。もちろん、毎週土曜日の午後6時半より日本テレビ系列で放映されているTV版も、青山剛昌先生が描く漫画版も全てチェックしているわけですけど、去年の12月13日に発売された「週刊少年サンデー 3・4合併号」誌上で、青山剛昌先生の自筆による「名探偵コナン 長期休載のお知らせ」が発表されると、インターネット上でちょっとした騒ぎが起きました。

長期休載の理由は「病気療養と充電のため」とのことで、デビュー以来、精力的に漫画作品を発表し続けてきた青山先生も、ここにきて疲れが出たのかな…っていうのが個人的な印象でしたが、休載に入る号においてコナンの宿敵である黒の組織のナンバーワン「あの方」の正体が明らかになり、こんなタイミングで正体をバラしたということは、もしかすると病気が重篤すぎて連載を再開する予定はないんじゃないのと、そんな無責任な憶測が飛び交ったんです。そんなわけで、私はいちファンとして青山先生のご健康を案じていたのですが、4月11日発売の「週刊少年サンデー20号」から早くも名探偵コナンの連載が再開されました。

正直言って、長期休載というからには再開するまでに早くて1年、下手をすると数年はかかるんじゃないかと思ってましたけど、超人の青山先生はわずか4ヶ月で復帰されたから凄い! 4月4日に発売された同誌19号では、休載に入った時と同じく青山先生の自筆で「連載再開のお知らせ」がイラスト付きで掲載されました。


以下、該当頁から引用(句読点や改行もそのまま)

まるで劇場版の公開に 合わせたようなタイミング.
安室とコナンのカラー表紙で.
しかも マンガは、いきなり安室vs赤井で幕開け!

(引用ここまで)



青山先生のコメントにある「劇場版」というのがこれです。



「名探偵コナン ゼロの執行人」

当コラムが配信される前日の4月13日(金)が公開予定日となっています。さすがに初日は混んでいるだろうから、数日経ってから観に行こうと思っているのですが、果たして今作はどんな衝撃の見せ場が用意されているのか? コナン好きとしては非常に楽しみです。


ちなみに、個人的なパチスロ収支は現在絶不調。本日発売の「パチスロ必勝ガイドMAX5月号」の浮草家計簿を読めばおわかりになると思いますが、とにかく最近は展開に恵まれず負けてばかりなのよね。娘もこの春から高校生になって何かと物入りだし、週明けに「パチスロ 不二子 TYPE A+」が導入されるのを待ちわびている状況だったりします。



果たして、不二子は勝利の女神となるのでしょうか? でもなぁ、いけしゃあしゃあと「裏切りは女のアクセサリーよ」とうそぶく女だからなぁ…。それもあって、私は今とても不安なのです(笑)。

というわけで、いよいよラスト1回!
08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|