スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< バイソン松本「松本プレミアム」 | TOP |
バイソン松本「松本プレミアム」
設置はまだ先ですが『秘宝伝 Rev.』のショールーム取材に行ってきたので早速お届けしましょう!! (福島など一部地域は5月7日導入)



今回は大都技研の関連会社であるサボハニからのリリースとなりますが、純粋な秘宝伝シリーズの後継機となります。

ART突入までの流れは

通常時にチャンス目やチャンスチェリーを引き
15Gの高確率ゾーン
「チャンスなのか……否!! 熱すぎなのか……否!!」
を経てARTに突入します。

ボーナス中に高確率ゾーン突入告知もありますが、直ARTなどはありません。秘宝伝シリーズのお約束は守られていますね。

ART突入後はちょっと複雑で、

押し順リプレイの押し順ミスでライフがひとつ減る

ってのが大前提としてあります。ライフの数は5〜10個あり、このライフがゼロになったらART終了。
ミッションクリアで押し順ナビが出るアイテムがもらえたり、次のミッションが早く出てくるアイテムがもらえたり、復活するアイテムがもらえたり……つまりアイテムゲットでARTが延命できるんですね。

ひとつのステージをクリアしたらスマホゲームのガチャっぽい演出で再度アイテムをゲット。10ステージでエンディングとなります。

キャッチコピーをつけるなら

RPG的ART機

アイテムをうまいこと使って冒険を進めていくマシンです。
絶えずチャンスが感じられ、やることや考えることが多い点は大都技研らしいマシンと言えるでしょう。
ただ、正直、初打ちではナビが出る区間とナビが出ない区間の認識やステージ毎のナビ発生率の違い、逆にナビが出るとアツい瞬間など、わからないことだらけですので、とりあえず動画で勉強を先にするのがオススメです。


今回は5人のライターでショールーム実戦をやったのですが、

「これ、どういうこと?」
「ミドル中にビタ押ししたら変なキャラが出たんだけど」
「このナビってサンプルに入れるの?」
「これってチャンスチェリーだよね」

ライターが質問ばかりするものだから後ろで見ている編集がヘトヘトになっていました。冗談じゃなく序盤は30秒に一回ぐらい質問が飛んでいましたから、わたしが編集なら「そんなの俺も知らねぇよ!!」ってキレていたと思います。
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|