スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< バイソン松本「松本プレミアム」 | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
14年に渡ってみなさまにお届けしたスロガイフラグも、今回と次回を合わせて残すところ2回の配信となりました。SNSやLINEなどのコンテンツが発達したことにより、メール配信という時代に合わないことが、幕引きとなる理由のひとつとのことです。


ガラケー時代から長らくお付き合いいただいたユーザー様には、この場を借りて感謝の意を述べさせていただきます。本当にありがとうございました。


スロガイフラグのスロガイとフラグの間にある星マークには、いったい何の意味があったのか、その謎が解明せぬまま終了となるのは心苦しいですが、ミステリアスに終えるのも悪くはありません。


ミステリアスといえば、いったい誰がこのコラムを読んでいるのだろうと思ったことがあります。失礼を承知で言わせてもらうと、時代遅れのメール配信を受け取って、誰が読んでいるのだろうと。書き手として、読まれていないんじゃないかと感じるのは辛いものです。


でも、ごく稀にツイッターやパチ屋で、スロガイフラグを読んでいるよ、この前の面白かったと声をかけていただくこともあって、そのときはカズよりも派手なカズダンスを心の中で踊っていました。


今、この文を読んでくれているみなさまは、おそらく化石予備軍です。愛すべき化石です。よくぞ、お付き合いいただきました。真のパチスロ必勝ガイド読者の称号を僕の方から勝手に授与したいと思います。


きっと、みなさんは優しい方たちです。書き手が甘えるのはいかがなものかと思いますが、スロガイフラグにおける苦労話をひとつやふたつお伝えしてもよろしいでしょうか。ええ、押し切って書きますね。


スロガイフラグを書くにあたり、要する時間は平均20分です。締め切り当日、もしくは前日の移動中、これが一番多い書き場所です。鼻歌まじりにふんふーんと書いてしまうのですが、稀に何も降ってこない日がありました。締め切りの時間が一刻と近づいてくる中、何も浮かんでこず、まったくペンが進まないことも…。


仕事量や労力に雲泥の差はありますが、僕はそれ以来、漫画家の冨樫さんを許せるようになりました。冨樫、しかたねーよ、そんな日、そんな月、そんな年もあるって、そう思うようになってから、自分にも甘くなりました。


もうひとつ大変だったのは、当初はブログ的な雰囲気を出すためか、写真を一点掲載すること、このルールがあって大いに悩みましたね。技術的に不足していたせいで、どうしても写真ありきの文章になってしまうのです。


文章があっての写真ではなく、写真があっての文章、そういったイメージで、強引に写真を置くことでぼやけてしまう葛藤がありました。ここは文章だけでいいのに…って思うことが何度あったことか。たまにはテキスト一本で感情を書き殴ったようなものもいいんじゃないかと。


そして、何より辛いのは過去の文章を読み返してみると、盛大にスベっている文章があることです。個人的に、映像と文章の大きな違いはここであり、言葉ってやっぱり残るんですよ。良くも悪くも。


思い出してみてください。みなさんがこどものころの運動会や学芸会、入学式、卒業式の映像は、恥ずかしくも微笑ましく見れますよね。では、作文や寄せ書き、ラブレターはどうでしょう。顔からヨガファイヤーでしょ。家が燃えちゃうでしょ。つまり、文章は感情がヨガフレイムしているってことだと思うんですよ。恥部を出しちゃってるんです。ヨガテレポートを使って過去に戻れたら書き直したいぐらいです。


でも、こうやって思い起こして一本のコラムが書けるのは、長く続けてきたから。恥ずかしさの矢はビュンビュン飛んでくるし、ただ長くだらだらと続けることに意味はないけれど、長く続けてきたからこそ生まれ意味や感情もあると思う。


本当は最終回にこの話をもってくるつもりだったけれど、11年間でもっとも恥ずかしい回の記録をここで塗り替えておこうと思って、ラス前にお別れの挨拶のようなものをさせていただきました。


ラストはもっと恥ずかしい攻めの姿勢でいきます。過去と戦って何が悪い。過去を越えようとして何が悪い。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|