スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
みなさんは夢占いをご存じだろうか。見た夢の内容から精神状態などを読み取り、占いに活用する方法だが、この夢占い、大半が前向きなのである。


ここ最近、大衆向けの占いは、仮に血液型や星座で優劣がつくような状況であっても、最下位にフォローを入れる傾向がある。はい、死んだー、キミ死んだよー、外に出たら死んじゃうよーみたいなものはまずない。


これは、まさに忖度を意識しすぎた現代の日本を表していると思うが、夢占いはその傾向が特に強い。


先日、思い出すのも書くのもおぞましいが、こんな夢を見た。多くの知人が刀で切りつけられ、血を流し倒れていく夢だ。目が覚めて夢であったことに安堵すると同時に、自分のことが怖くなった。


あくまで自分のイメージだが、目の前で知人が切られている精神状態はよろしくない。周りがいなくなればいいと思っていたり、目の前で残虐なことが起きているのにどうすることもでかない自分の現状に不満がある、そういったことを表していると思った。


これはいったいどういう意味なのだろう。おそるおそる夢占いを見てみると、次のような回答があった。


「血は金運アップ!」


ええええっっっっ! そりゃ、ねーだろ! たしかに、金持ちの祖父がいたとしたら遺産チャンスに発展するかもしれないけど、そういうことじゃねーよ!


前向きすぎて気持ち悪いが、後ろ向きよりは前向きのほうがいい。仕事で身体を張って、血が出たら出世チャンス、コインで爪が割れたらフリーズチャンスと、悪いこと、嫌なことは前向きに捉えましょうと、夢占いは世界に負けないメンタルを教えてくれているのかもしれない。


もうひとつ、大事なことがある。夢を見て起きるということは、一日の始まりだ。その始まりから嫌な気分にさせない、そういうことだろう。夢占いはやさしさにあふれていると思う。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|