スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | TOP | バイソン松本「松本プレミアム」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
みなさま、あけましておめでとうございます。今年もパチスロ必勝ガイドをよろしくお願い申し上げます。


さて、みなさんは年末年始をどう過ごしただろうか。紅白やガキ使を見たり、年が明けたら初詣に行ったり、なんてことはない庶民の生活をしていたことだろう。


俺はシドだった。心に中学二年生のシドビシャスが住んでいるから、年末年始だからと特別なことをするのはカッコ悪い、いつも通りのスタイルを貫いてやるぜと1月2日に打ちに行き、56本負けるという、パンクスタイルを全うした。


今年はワルになる。できないことはやらない、むしろ短所を伸ばしてみたらどうなるかをテーマに生きていこうと心に誓ったわけだが、新年早々、見たこともないワルに遭遇した。


みなさんは、麻雀アプリのMJをご存じだろうか。オンライン対戦やコンピュータとの対戦ができる、人気麻雀アプリである。この中にワルが潜んでいた。





麻雀を詳しくない方に説明すると、麻雀は反時計回りに牌を取って、いらない牌を捨てていく。最初に牌を捨てる「親」と呼ばれるプレイヤー(画像では右側のプレイヤーが親)から順に捨てていくわけだが、ここでもう一度、上の画像を見ていただきたい。


おわかりいただけただろうか。


手前の自分と上家(左側)が一回飛ばし、一回休みを食らっているのである。右側の捨て牌が6、切り順の対面は5、左と自分は4である。専門的な話になるが、他人の捨て牌を使える「鳴き」と呼ばれるチー、ポンがあれば、捨て牌の枚数も変わってくるけれど、その形跡はない。


よく見ると右のプレイヤーは手牌が12枚しかない…。これはおかしな話である。この場にとんでもないワルがいる。理由はよくわからないが、おかしな状況になっているのだ。ゲームがワルなのか、プレイヤーがワルなのか、いずれにせよワルがいる。


ワルになることを誓ったのに、それを上回るワルを見させられたら、今年はもうダメ。今年も普通でいいです。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|