スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
都内にある某オムライスのチェーン店は、9割が女性客で、オムライスをインスタ映えのダシとしか思っていないバカ女だらけだろうと、オムライス歴30年の自称オムライスバカが、男の気合いを見せてやるとLサイズを頼んだら、バラ売りしている高級な箱ティッシュサイズが運ばれてきた。


あばばばばっっっっ。オムライスといえば黒板消しサイズだろうよ…。量は普通のオムライスの3倍。さらに、ごはんをバターライスにしてしまったので、終盤でスプーンが止まることは目に見えていた。


日本という国は、大きく見せて、じつは小さく、質の悪いものが運ばれてくることが多いはずだ。チェーン居酒屋の刺身が例である。人を期待させておいて残念でしたのパターンは、やっちまったもん勝ちの精神を持つ、ワルの常套手段だ。


そのこすい策略が嫌われてきたのだろうか。最近は、ごまかすことなく量で攻めてくる店が増えてきたように思う。先のオムライスもそうだし、全国にチェーン展開するコメダ珈琲店もそう。二日酔いで頼んだピザトーストは、確実に胃袋を制圧しにきていた。



旅行と聞いて騒ぎまくるアメリカのバカなこどもが食べそうなピザトーストは、湯がいたアスパラを一本だけ食べたい二日酔いの朝には合わない。そもそも人間は贅沢だ。少なければ怒り、多ければ怒る。その基準は人それぞれで、すべての人に受け入れられるサイズはない。


パチ屋のサービスだってそう。店員がツンとしていれば無愛想だと言い、フレンドリーであれば過剰と捉えられることもある。ただ、あくまで個人的な意見だが、過剰なぐらいのほうが気持ちはいい。


サービスとは受け取る側の器にも問題がある。サービスを受けて過剰だと突き放すのは心がせまい。こっちはどんと構えてやるから、良かれと思うことはきてほしい。ただ、オムライスの店はメニューの写真にある皿の器をもう少し小さいものに変えたほうがいい。比較がまったくできないから。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|