スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | TOP | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ >>
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
半月くらい前の話になりますが、仕事部屋のパソコン(iMac)を立ち上げたところ、APPストアが起動してOSのアップデート案内が表示されたんですよ。

「macOS High Sierraに無料アップグレードできます。このアップグレードはすべてのmacOS Sierraユーザーに推奨されます。」

ああ、またか…って思いました。アップル社はユーザーサポートの一環として、macOSのバージョンアップ時には必ず無料でアップグレードしてくれます。ただ、今回はマイナーチェンジではなく大掛かりな改良版につき、インストールするには相応の時間がかかるみたい。それで、とりあえず目先の仕事(コラムを2本)を片付けてから、ノートパソコンと一緒にアップグレードしました。

ここまでは何の問題もなかったんですけどね…。その日の夜、日記を書こうと思ってファイルを開いたところ、6月中旬くらいのページまでしか開けない。外付けハードディスクでバックアップしているデータを呼び出しても、iCloudからアクセスしても同じでした。

えっ? …と思ってMacBookの方も確認してみると、こちらも全く同じ症状が出ています。これにはさすがに慌てましたね。私が「枠上人生」や「浮草家計簿」、さらには先月からパチスロ必勝ガイドでスタートした新連載「回胴絶景」のネタは全てこの日記に凝縮されており、手書きからパソコン管理に切り替えた2002年以降の日記をチェックしたところ、全てが同じように途中までしか開けないんです。

正直、終わったと思いましたね。何がって、私のパチスロライター生命がです。はっきり言って、今や私に対する需要は「昔の回想記事を書ける」ことくらいしかなく、そのネタ元の記録を失ったらいずれ原稿の依頼が来なくなるのは目に見えてるんですから…。

それで、今度はiPhone6からiCloudにアクセスしてみたところ、コチラでは同じファイルを普通に最後まで開けました。

「良かったああああぁぁぁぁぁ…!」

魂の叫び。いや、本当に声が出ちゃったんです。少なくともiPhone6で開けたということは、書類そのものが壊れてるわけじゃありませんからね。ということは、今朝がたアップグレードしたmacOSに問題があるんじゃね?

そんなわけで、外付けハードディスクを管理しているTime Machineの機能を使って、macOS High Sierraにアップグレードする直前のバックアップから、macOS Sierraを復元することにしました。



現在のmac(iMac21.52.9G)を使い始めてから早4年半、その時から何となく外付けハードディスクでバックアップを取るようにしたんですけど、まさか今になってTime Machineの機能が役に立つことになるとは夢にも思いませんでしたわよ。

システムの復元までに約2時間、それから書類と写真とムービーの修復に約2時間…まぁこれくらいは時間がかかるよねって感じですけど、おかげさまで復旧したmacOS Sierraでは元どおり全ての書類を開けるようになりました。残念ながらMac Bookの方はバックアップを取っていなかったため未だ日記を開けないままですが、さしあたり他の作業をするぶんには問題ないので、追加のアップデートが配布されたらコチラで試してからデスクトップの方をどうするか決めようと思います。

それにしても、いったい何が原因なんでしょう。これまでmac OSのアップグレード&アップデートが配布されたら無条件でインストールして、それで何も問題が生じなかったので全面的に信頼してましたが、今後は少し考えたほうがいいなぁ…。そう学習したことが、今回の唯一の収穫でした。

そして、翌日からまた「無料アップグレードの案内」が届くようになりました(笑)。もちろん今はひたすら無視しているわけですけど、早いとこ不具合が修正されて最新のOSにアップグレードできるようになることを願います。
08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|