スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
学生のころ、自宅に集まって仲間たちと漫画のキャラクターについてあれこれ語った。あのセリフやあの場面にはこんな意味があるんじゃないか、そんな話をアツく語っていたわけだが、そんなことを繰り返していると、どんどん寄っていくのが人間で、何に対しても意味を勘ぐるようになった。


電車の中で奇抜なデザインのシャツを着ている人を見れば、なぜあなたはそれを買ったのか。そこから、ストーリーを組み立てたりして、頭の中はグルグル回っている。


外に出たり、テレビを見ているときは、心の中でツッコミを入れるのが日常になっていて、そりゃどんな意味があるんだと、見えないものと戦っているわけだ。


先日、江戸川の河川敷に花火を見に行った。オープニングからエンディングまで、自分は花火師の意図を汲み取る遊びをしていたわけだが、ひとつだけどうにも理解できない花火があった。





しだれ柳に富士山をイメージした、この花火大会の中でもワンツーを争うほど見物客が盛り上がった場面だが、なぜ、東京でメインクラスの見せ場にマウントフジを持ってきたのか。自分の中で?マークが飛び交った。


花火大会とは、地元の協賛をはじめとして成り立っており、その土地を推していくスタイルではないのか。札幌の雪祭りでBEGINの曲が流れるような気持ち悪さを感じていたのだが、周りはその違和感に気づいていない。


たしかに綺麗だった。もしや、俺が気にしすぎなのか。純粋に見たままの光景を楽しめない天邪鬼なのか。何かにつけて意味を求めるのは、一歩間違えば偏屈でもある。


うがった見方をするのはもうやめよう。素直に純粋に、歌手のマッキーみたいな心ですべてを見たいと思うわけだが、その昔、ドラゴンボールのキャラでいうと俺たちは誰なんだろうなという話に仲間内でなり、俺んちに集まっているという理由だけで、お前はカメハウスと言われた俺の心の傷は癒えていない
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|