スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | TOP |
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
今年もGWの前後に多くの新機種がデビューしました。もちろん私も新機種を一通り打ってみたのですが、個人的に最もツボに刺さったのはこれでした。


「ぱちスロ 水戸黄門」京楽

パチスロの歴史の中で水戸黄門といえば、打ち手にとっては「黄門ちゃま」です。確かにパチンコ版では過去に京楽さんから「CRびっくりぱちんこ 水戸黄門」が登場しているんですが、個人的にこのパチスロ版は違和感が多すぎると言うか、里見浩太朗さんの黄門様ってどうなのよ?

ご存知の通り、TBS系列で放映された「水戸黄門」は、1969年にスタートして2011年までに全43部で1227話にも及ぶ長寿番組となりました(2015年にスペシャルを放映)。何しろ42年もやっているわけですから出演者は次々と入れ替わり、黄門様も5人の役者さんが演じています。

第1部〜第13部  東野英治郎
第14部〜第21部  西村晃
第22部〜第28部  佐野浅夫
第29部〜第30部  石坂浩二
第31部〜第43部  里見浩太朗
(Wikipediaの記事より引用)

まぁ、若い人にとっての黄門様は里見浩太朗さんなんでしょうけど、私の世代にはやっぱり東野英治郎さんがしっくりくる。むしろ、里見浩太朗さんは助さん(佐々木助三郎)がハマリ役かなと。

というか、文句ばっかり言ってますが、ボーナス中に主題歌の「あゝ人生に涙あり」が流れると、不思議なもので何となく盛り上がるんですよ。個人的に新基準機に周期抽選は合わないと思ってるし、とりあえず当たりを1回引くまで打ったら驚くほど負けたので、おそらくプライベートでこの機種を打つことは二度とないと思いますが、里見浩太朗さんの実写演出を見れたし、あの主題歌を聴けたからまぁいいか…。

そう思わせてくれた「ぱちスロ 水戸黄門」。それだけで素直に凄いなと思います。もしも登場するのがあと3年早かったら(旧基準機として製作されていたら)、私は「ぱちスロ AKB48」並みに打ち込んでいたかも知れません(笑)。


(C)C.A.L/2016
(C)KYORAKU

08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|