スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
憧れていることがある。


自分は過去に一度、結婚しているが、プロポーズをしたことがない。娘を授かったことが機となり、すぐに結婚を決意。愛の言葉を耳元でささやき、照れた彼女が恥ずかしながら頷くような甘い瞬間は経験したことがないのだ。そう、憧れはプロポーズ。


ーーー結婚しよう。


ごめんなさいは、親、先輩、彼女、友達相手にこれまで何度も口にしてきたが、結婚しようは言ったことがない。…ごめんなさい。ウソだ。何度か言ったことはある。プロポーズではなく、愛情表現のひとつとしてだ。


セックスの終わりに言うなんて簡単なこと。早く終わってしまったことを相手に考えさせる暇もなく、スッと言うのがポイントで、ここで照れてはいけない。やや強引に言い切って、抱き寄せてそのまま寝かしつけるぐらいの勢いが必要だ。


布団の中での結婚しようは、言ってしまえばキスみたいなものだ。その瞬間、相手に布団の下から婚姻届を取り出されたら慌てるが、そんなサプライズはまず起こらない。


サプライズ。プロポーズではサプライズプロポーズなるものをよく耳にする。電光掲示板を使用したり、レストランで周りが仕掛け人だったり、非日常の間隙をぬって、徹底的に攻めるのが良しとされるが、あれって本当に女性はうれしいのだろうか。


あくまで個人の意見だが、一世一代の勝負事を、なぜ他人が見ている前で行う必要があるのだろう。恥ずかしいに決まっている。一歩間違えれば真剣味が足りないと思わる可能性だってある。サプライズは、相手に喜んでほしい、その気持ちからくるものだから否定はしないけれど、それなら個室だっていい。


たしかに雰囲気は重要。そうなるとホテルの一室がベストか。日にちは相手の誕生日をはじめ、何らかの記念日に少し贅沢をしてホテルに宿泊するとしよう。レストランで食事をして、部屋に戻ってシャワーを浴びる。モハメド・アリみたいにガウンを身にまとい、窓際に置いてある椅子に座る。


吉川晃司みたいな鋭い視線で夜景を見て、今日という日を振り返る。ちょっとしたユーモアをまぜながら笑いのある時間を過ごすけれど、ピタリと会話が途切れる瞬間、その刹那を逃してはならない。ざわ…ざわ…ざわ。


ここで、必殺の武器、指輪の登場だ。指輪…あれっ、指輪はどこに隠せばいいんだろう。自分はガウンを着ている設定である。ここぞという隠し場所がないじゃないか。カバンに取りに行くのも間が悪いし、最後の決め手なのに、指輪の最高演出がない。


これじゃ、フラれてしまう。この想像、昔もしたことがあって、同じように指輪を出せずにいた。昔から何も変わってなくて、今も大事なセリフが言えない。いつか、言えるようになるその日まで、生きて生きて生き抜いてやる。


これといった写真が見当たらなかったので、40Gで終わった2年ぶりの倍プッシュを。死にたくなりましたね。





17:00 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|