スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | TOP | バイソン松本「松本プレミアム」 >>
バイソン松本「松本プレミアム」
山佐からは『パチスロモンキーターン掘戮函悒僖船好蹈ン肉マン 〜夢の超人タッグ編〜』
エレコからは『アナザーゴッドポセイドン-海皇の参戦-』
大都技研からは『押忍! 番長3』

3月から4月にかけてビッグタイトルの続編リリースが続くので、ライター陣は各社ショールームに通いつめています。
ショールーム実戦は実戦時間も短く、ステージチェンジのゲーム数や、小役のカウントなどデータ採りが煩雑なので、基本若手の仕事になっております。ライター歴で言えば15年のわたしがショールームに行ったりすると、

「松本さんは、若手の仕事を取らないでくださいよ! 俺、お金ないんだから!!」

主にマエダさんに怒られるのですが(本気半分、冗談半分)、ショールーム実戦数に対してライターの確保がままならず、最近はわたしもショールームにお呼ばれすることが多い毎日です。自分はもともと新台が好きですし、設定6を打てる(近くで見ることができる)ショールーム実戦は大歓迎なのですが、マエダさんの言うことも一理あるので、そこはバランス取っていかないとなぁ。



導入は4月17日予定なので、まだちょっと先なのですが、サミーで『パチスロ獣王 -王者の覚醒-』を打ってきました。
前作が「王者の帰還」で、今回が覚醒。略称は……獣王になるのかな。

機種仕様を説明しますと、
リアルボーナスが初代獣王ぐらいの確率で、ボーナス中は押し順当てゲーム。当選したらCZとなるのですが、通常時にはチャンス役でCZ抽選もしております。

ART中は前作と同じく獣玉を集めるのですが、前作は10個貯めたら上乗せ特化ゾーンに移行していたところ、今回は5個でOK。

特化ゾーンはダチョウ、ゴリラ、ライオンが用意されている点は前作と同じ。チャンス役等を引くと、上位バージョンの「覚醒」(5ゲーム1ワンセット。継続ループ)に移行します。


打っている感覚で言えば、リアルボーナスはありますがART中などはおおむね前作を踏襲した感じです。上乗せ特化ゾーンの叩きどころが明確なので、前作が好きだった人はしっかりハマると思います。

このマシンで驚いたのが「朝イチリセット時の特典の大きさ」です。初代獣王を打っていた時は、朝イチ最初のハズレを引いた後のドキドキ感は相当なものだったので(設定6はハズレ≒サバチャンだった)それを意識したのでしょうか。開発者の方も、できるだけ朝に打ってもらいたいマシンにしたとおっしゃってました。
最近のマシンでは珍しいぐらいの特典ですから、詳しくはガイドで要チェックだ!! (久しぶりに要チェックだを使ったなぁ)

©Sammy
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|