スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< バイソン松本「松本プレミアム」 | TOP | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 >>
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
ホールのクセを見抜くのは、古来から伝わるパチスロで勝つ上での手段ですが、最近はクセを読むのが難しくなってきました。


割数をあらかじめ入力し、あとはコンピュータがランダムに設定配分を決めてくれるシステムもあるみたいですが、人間が関与していれば、必ず細かなクセは出てきます。


問題は、外から見て、設定の良し悪しがボーナスタイプしかわからないこと。あそこに設定が入ったから、翌日はその隣か、もしくは据え置きか、その予想が立てられない。


昔、通っていたホールは、2日前に入れた高設定台を、再び戻してくるという、気持ち悪いクセがあったけど、今の時代にデータからそれを見破るのは無理でしょうね。


最近、もしやと思う機会が増えているのは、末尾系。特定の末尾に高設定を投入するパターンがあって、7のつく日なら末尾7とかね。初見の店に行ったときは、昼ぐらいに法則性がないか、ジャグラーを軸に各台番をチェックします。へへっ、なんかプロみたいだなぁ。


個人的にはイレギュラー系が好きですね。店長が巨人ファンで、優勝した翌日は巨人の星が全台高設定とか、噂にはたまに聞くけど、まどマギの誰々の誕生日に高設定が入るとか、隠れイベントはうれしいですね。こういったお祭り、私も嫌いじゃありませんから、積極的に狙いますよ。


先日、競馬のG1、それも今年初の中央G1、フェブラリーステークスがありました。その当日、朝イチから都内のホールで実戦していたわけですが、ホールのすぐ横に場外馬券場があるような場所で、開店待ちに並ぶお客さんが、競馬新聞を持っているようなところです。


私はピンときましたね。



ジーワンですよ。バラエティに1台しかないG1優駿倶楽部ですよ。150番目ぐらいに入場したから、さすがに取れないかと思ったけど、奇跡的に空いていました。正直、客がバカに思えたんだけど、そこまで思考は回らなかったかな。G1当日に新台のG1に設定が入らないわけないべ。確勝級ですよ。


粘りました。この台、ちょっとつまらないんじゃないかと思い始めたあたりまで頑張って粘りましたよ。私のような競馬好きはさておき、そうでない方は苦痛なんじゃないかと、他人を気にするまで頑張りました。



初当りは4回引きましたが、すべて単発。初当りが重く、辛く長い時間が続きました。店長はちょっと気合いと気づかいが足りませんね。唯一の幸運は私が打ったこと。競馬とパチスロ、ダブルで夢見るドリーマー爺さんが打っていたらキレているはずです。
19:36 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|