スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< ういち「今週の出来事」 | TOP | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ >>
木村魚拓『三十男のピロートーク』
喫茶店の喫煙席と禁煙席とを仕切るガラスの壁にもたれ、紫煙をくゆらせながらスポーツ新聞を広げていると、ガラスの向こう側に座る2、3歳ぐらいの男の子がこちらに手を振ってきた。


パーマ、ヒゲ、メガネ、以上のパーツはどうやら子供が恐れを抱く三種の神器のようで、初対面の子供に泣かれることはあってもなつかれたことはほとんどないが、かけているのがメガネではなくサングラスであるがために、彼の目には恐い人飛び越え地球防衛軍の隊長とでも映っているのだろう。


無邪気な笑顔に応えぬわけにもいかず、微笑み返すとキャッキャと喜び、敬礼して見せるとまるでヒーローを見上げるような表情をしていたキミは、まさか目の前の隊長がついさっきまで、「巨根ねだるママたち」なんて記事を貪るように読んでいたなどとはゆめゆめ思っていないはずだ。


おっちゃんはな、キミの考えるようなヒーローじゃない。ゲスなんだ。ゲスなおっちゃんなんだ。アダルト面は嫌いじゃないし、むしろ好きな方だし、誰かが取り忘れたことに期待して自販機のお釣りのところをまさぐったことも1度や2度じゃないし、罪を憎んで人を憎まずなんてことも到底できやしない。連日連夜、PCの方のアドレスに大量のスパムメールを送り付けてくるバカ野郎をとっ捕まえたら、多分ジャーマンで投げると思う。ブリッジなんかしないよ。投げっぱなしだ。床の固いところを選んで投げっぱなしだよ。


ただ、インターネットの接続にさえ四苦八苦する機械音痴が、スパムの送り主を特定するなんて土台無理な話。ならば、商売にするってのはどうだろう。近頃はスパムメールも凝ったものが多いじゃないか。知ってるだろ? 知らないか。とにかく、その作り込んだスパムメールを厳選し、それぞれのシチュエーションに合わせたヌード写真を載せて雑誌にする。で、その収益をスパムの迷惑料に…。


って、ゴミみたいなもんに裸を付けてお金にしようなんてこれまたゲスの極みだね。ごめん。反省する。これから大いに反省するつもりだし、今すぐこれとは別の原稿を書かねばならないし、2分おきに敬礼するのにも疲れてきたので、そろそろそっとしておいてくれるかな。隊長からのお願いです。



ーツイッターはこちらー
@kimuragyotakuG

ーメールはこちらー
→ メールする  ←
20:28 | 木村魚拓「三十男のピロートーク」 | - | -|