スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< バイソン松本「松本プレミアム」 | TOP | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ >>
木村魚拓「三十男のピロートーク」
魚拓でも魚拓さんでもましてや木村さんでもなく、「キムちん」と呼ばれ、そう呼ばれることを何の疑いもなく受け入れていた頃、同級生の新井が授業中に耳打ちしてきた。


「キムちん知ってるか? 阪神の真弓のこと」


浅草の外れの駄菓子屋の、ババアが作る150円のもんじゃを放課後の主食としていた我々は、当然のことながら巨人ファンである。つまり、真弓は打てて走れて守れて、なおかつモテそうな憎き二枚目。あの二枚目が何をした、まさか我らがアイドル松本伊代ちゃんの手でも握ったんじゃないだろうなといきり立つ私に、新井は先生が教科書に視線を落とすタイミングを見計らって静かに言った。


「アイツ、今度はオリンピックに出るらしいんだよ…」


オイオイ、まさか今よりモテようってのかあの野郎…と、やり場のない怒りをやはり巨人ファンである父親に伝えるも、「何だそれ」と素っ気ない返事。「そんなことあるわけないだろう」と一蹴されてしまい、事の経緯をよくよく調べてみると、新井がたまたま開いた新聞だか週刊誌だかに「五輪真弓」の文字があり、それを「五輪に真弓が出る」と勘違いした…という、愚にもつかない話が五輪にまつわる一番の思い出である私でさえ、2020年のことを考えればテンションが5%ほどアップするのだから、五輪との距離が近い方々は言うに及ばず、いっちょかみしてやろうと手ぐすね引いている方々の心境は如何ばかりか。


果たして、7年後の世界最大の祭典に向け、人や物や景気はどう動くのだろう。不勉強な私には予想だにできないが、唯一わかるのは、版権がうるさいがために他メーカーが諦める中、北電子あたりが告知ランプを聖火に見立てたそれっぽいマシンを出しそうなこと。本当に出たら、おめでとうと肩を叩いて缶ジュースでもごちそうして頂ければ幸いである。




ーツイッターはこちらー
@kimuragyotakuG

ーメールはこちらー
→ メールする  ←
21:50 | 木村魚拓「三十男のピロートーク」 | - | -|