スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
<< 松本プレミアム | TOP | 木村魚拓「三十男のピロートーク」 >>
ドラ広「晴れ時々パチスロ」
「ヱヴァンゲリヲン〜生命の鼓動〜」のショールーム実戦に行って来ました。

全てのエヴァシリーズを打ち込んでいる自分としては期待感モリモリの初打ちだったのですが、驚いたのは基本的なゲーム性の大幅な変化。今回は、個人的に気づいたことをいくつか報告しましょう。

1、ボーナス重複役
前作のエヴァ真実まではチェリーやスイカ等のチャンス役の成立時にボーナス重複を期待できましたが、今作では「シンクロリプレイ」と呼ばれる特殊リプレイが重複のメイン契機となっています。シンクロRP入賞時には「7Gの演出用RT」に突入し、最終的に連続演出で当否を告知する仕組み。要は「うる星やつら2」のガールハントタイムみたいなものです。ちなみに、単独ボーナス/チェリー重複/強スイカ重複も稀にあるみたい。弱スイカ重複は一度も確認できませんでした。

2、ボーナス獲得枚数
純増448枚のスペシャルビッグと、純増311枚のスーパービッグ、それと純増207枚のノーマルビッグ、純増104枚のREGで出玉を増やしていきます。スペシャルに偏れば凄い勢いで出玉が増えますが、残念ながら4種類のボーナスの中で最も出現率が低いようです。

3、小役出現率
通常時のベル/チェリ−/弱スイカに設定差がある模様。ベルの配当が8枚に、スイカが10枚役に変更されたことにより、前作よりも抽選確率が大幅にアップしているので、安易な比較はできませんけどね。また、チェリー確率は逆にダウンしているみたいです。

4、BAR揃い
スペシャルビッグ成立後に狙えばBARが揃います。ただし、SPムービーは発生しないので狙うだけ無駄…というか、狙う必要は全くありません。

5、天井
現時点で天井の有無は不明。むしろ、天井はない可能性が高いのですが、ボーナス合算確率が非常に高いので(1/148.9〜1/196.2)、大ハマリに遭遇する頻度は非常に低いと思います。



基本的にシンクロリプレイ待ちのゲーム性なので、プレイヤーによっては好き嫌いが分かれるところ。実際、個人的には違和感だらけでしたが、打ち込めば少しずつ馴れていくのかなぁ…って、結局は打ち込むんですけどね。

ともあれ、ホールデビューまで残り1ヶ月を切りました。エヴァファンとしては、早いとこホールで打ってみたいものです。



(C)カラー
(C)Bisty
08:05 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|