スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
ういち「今週の出来事」
永きに渡って続けて来たこのコラム、今回を持って最終回となります。

ギャラが安いから…ではありません。なぜなら一回いくらなのか、未だに知らないから。

ネタが尽きたから…でもありません。まだまだストックは腐る程あったりします。

では、なぜ?



心が折れたんですね。そろそろ来るんじゃないだろうか、もう来てもいいんじゃないだろうかと、心待ちにしていたポスト業界からの仕事のオファーが、結局来なかったんです。その内ポスト業界の著名なライター方の目に留まるんじゃなかろうかと、淡い期待を胸に抱きな!'aaら頑張り続けておったわけなんですが、残念無念。そろそろ潮時かなと、そう思ったわけであります。ホント、まだまだあったんですよ。

広島県のコイン通りの郵便局には金ぱくが貼ってあると思ったら…


その通りにあるポストにも貼ってあったり


更には電話ボックスまで金ぴかだったりとか…




大阪のユニバーサルシティ駅だっけな?USJの入り口近くには、ひっそりとこんなへんてこなポストがあったりだとか


山口の錦帯橋を渡った先には、岡山の倉敷美観地区にあるものと同じポストがあったりだとか


灯台下暗し、散々降りている京都駅の郵便局前には景観に配慮した色使いのこんなポストがあったりだとか



岡山城の近くにもなんか乗ってるポストがあるらしいし、東京は巣鴨の商店街にもお人形が乗ってるポストがあったりするし、福岡の博多には黄色いポストもあるはずだし、全国には色んなまだ見ぬポストがあるはずなんですが…

どうやらポスト業界はそんなに甘くないようです。

色々見たなぁ…。
山形駅のソーラーシステム(?)ポスト
仙台庁舎のは…なんか乗ってた
石川駅のやつは大理石でお人形乗ってた
神奈川のは天使乗ってた
埼玉には丸くて青いのがあった
大宮駅はロボットカエルポスト
品川駅は東海道線モチーフ
倉敷のはローダウンだった
山口のはくっそデカかった
大阪はへんてこポストの宝庫だった
神戸で恋愛成就のポストを一人で激写した
京都で初めて私設ポスト見た
岡山のは桃太郎や城が乗ってた




あれ…?

足掛け8年書き続けて、ポストネタこんだけ?

そりゃ来るもんもこねーわこりゃ…。



今までご愛読、ありがとうございました!
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
ちょっとした用事で日本橋に行く事がありましたんで、記念に三越に寄ってみたんですよ。

ちなみに日本橋は、にほんばし、です。東京の。大阪にも日本橋ってとこありますが、電車のアナウンス聞いてたら確かにっぽんばしだったような気が…ってどうでもいいので先に進みます。

いやはや、三越に入って、驚いちゃったんですよ。こんなもんが店内にあるんですもの。





天女…なんでしょうかね、なんかね、まぁよくわからんでしょうから、ちょっと引いてみましょうか。







まだちょっと分かりづらい…ですかね







どうです?これ、なんていうか…











デカ過ぎないすか?
ちなみに最後の写真の右下に人の姿が確認できるんですが、それと比べてもこれ、ゆうに20メートルは超えてるんですよ。ってか、くっそでかいんですよ。こんなもんが店内にある百貨店って!

機会があったら是非見に行ってみて下さい。
マジで恐ろしくなりますよちょっと。
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
もうね…



















言いたい事詰め込み過ぎて、意味がさっぱりなんですけど…。
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
今日の投資分の残り。戻って来た分の端数。これが溜まりに溜まって、いつも千円札の処理に困っています。

えぇ。次の現場で千円札を使えばいい事なのは分かっておりますが、今の時代は四金種対応サンドが当たり前。そうなると、ついつい一万円を投入してしまいたくなるわけです。めんどくさいし、なんか千円入れてると投資の計算とかも分け分かんなくなっちゃうからね。

お陰でそれが、30枚40枚に膨れ上がる事も多いんですよね。で、いつも処理に困っておった所に、救世主を発見したんです。











読めますかね?
「紙幣は30枚まとめて挿入できます」
と書いてあるのが。

つまり、ここで一気に使えるじゃんってわけなんですけど、そんなにお金使う事あると思います?









ありますね。十分あり得ます。新幹線の切符だったら、一気に30枚とか使えますねこれ!やっほーい!






と、喜び勇んで30枚の千円を投入する事、数回。



戻って来ちゃうんです。何度やっても。


で、結論出ました。






どうやら、同一紙幣に限り、15枚までしか受け付けないようなんですね。
それが証拠に、必ず15枚の千円が戻って来ちゃう所に、5千円札を投入してみたら、すんなり受け付けて投入金額が2万円になるんですから。


それじゃぁ…意味ないよねぇ…。
ま、15枚減らせたわけなんだけどさぁ…。


てか、どういう状況でこんな変則的な30枚の紙幣を受け付ける事に決まったんでしょうかねぇ…。

08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
以前ご紹介した事もある、何種類ものソフトクリームが作れるあのマシン。

色んな味のカートリッジを差すだけのようなんですが、この間見に行った、山口県は岩国市の錦帯橋を渡った先の広場にあるお店は、どうやら記録に挑戦しているようでして…。


















お店の外観には「ギネスに挑戦!」的な事が書いてあり、現在120種類である事も書かれておったのですが、これ…









ヤケクソじゃないですか?











右から
わさび
お茶漬け
ラーメン
カレー



って、定食屋のメニューじゃありませんよ、これ、ソフトクリームの味の種類ですから。更に続きます。

ハバネロ
七味
しょうゆ
納豆
にんにく

おにぎりの具でもありませんから。ソフトクリームの味ですから。




半分くらいは一度も売れた事ないんじゃないかと心配になったんですが、あいにく当日は激烈に寒くてですね、とてもじゃないけどソフトクリーム喰ってられる感じじゃなかったんですよ。

機会があったらチャレンジしてみたいのは…いや〜絞れませんわ〜!喰いたく無さ過ぎて!

てか、こんな味のカートリッジが売ってるって事なのかしら?それとも特注?



とにもかくにも一見の価値アリです。

錦帯橋を渡られた方、是非ともすぐに往復してしまわないで、奥の広場、行ってみて下さい。
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
福岡県の高速で渋滞に捕まった時の事。


「これ…飛行機、間に合うんですかね?」
「大丈夫ですよ、次の降り口なんで」
「そうですか」

と、その時。目の前、頭上の看板の変なイラストに目が止ったのです。

「すいません、あの…あのウスみたいなのは…なんすか?」
「え?」
「博多駅って、ウスのマークなんですか?」
「え?」
「いや、だからあれ…」

















「新幹線がなにか?」
「え?」
「新幹線ですよね?」
「え?」
「え?あそこにある絵ですよね?」
「はい…」
「新幹線の」
「ウスじゃなく?」
「ウス?」
「餅つきの…」
「え?」
「え?」
「…新幹線ですよね」





本気で分かりませんでした。
僕の中の新幹線って…



こーゆーのや

こーゆーのしか頭になかったんで。

ま、関東でも色んな形の新幹線マークがあるってのを最近知ったんで、今なら不思議でもなんでもないんですが、これ撮った当時、ガチでウスにしか見えなかったんですよね…。てか、いきなりあの絵見せられて新幹線って分かる人、結構少ない気がするんですがどうでしょう。
19:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
前回に引き続き、地元ネタで恐縮なんですが、横浜は新杉田という駅前に、昔良く通っていた「バーグ」という店がありました。





カレー屋なんですけどね。




しかも、特にハンバーグがウリなわけじゃない。

オススメメニューはスタミナカレーなんですが、まぁそれはどうでもよろしい。

前回の地元取材で行った所、豪華な駅ビルの中にバーグが生き残っておりまして。喜び勇んで突入した店内で、こんな物を見つけたんです。










まぁよくあるネタか。当時は記憶にありませんでしたが、誰も頼む人なんて…と思っていた時、店内にこんな声が響き渡りました。





「30倍で」




一瞬耳を疑いましたが、そのお方は確かにそう言ったのです。
常連ならではの食べ方があるのか、はたまた、辛さに滅法強いお方なのか。
ところが、しばらくして、クスクスと笑う声が聞こえてきたのです。









「かっれぇ…」








どうやらただの興味本位だったようでして、周りの連れの方がこらえきれずに笑っておられました。



20倍で救急車。30倍なら即死間違いなしかと思いきや、笑いが生まれるんですね。勉強になりました。
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
つい先日、パチスロ実戦術メガミックス…てなタイトルだったでしょうか。それの取材という事で、ウエノミツアキ氏と一緒に地元横浜をめぐっていたときの事。
中、高と青春時代を過ごした金沢区の…交通標語とでも言うんでしょうか。




「赤信号、みんなで渡れば怖くない」




みたいなあれです。

いや、違います。これ、違ってますけど、そういうあれです。

そういうアレを見つけたんですが、さすがは地元。センスの良さがキラリと光りまくっておりましてですね。















全く持って意味が分からなかったんです。


もしかして、ちょっと考えたら分かるとんちの様な物に僕が気付けてないだけなんでしょうか。

それとも…横浜を離れて随分経つ為に、僕が既に横浜のセンスからは外れてしまっているという事なのでしょうか。

いや、これ…無理じゃね?

分かるの? 誰かこれ、分かる人、います?
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
いやいやいやいや、そうは言われましても、ですね…









教えて頂きたいんですよ、何がどうなるから、そうなのかってのを。
そこが分からないと、バカには理解できないと言いますか。
どうしても、「うっそだぁ〜!」としか思えないと言いますか。

お願いします。

何が、どうだから、清潔さを保てるのか。
今度からそこまで書いて下さい。

おっと、一応書いておきますけど、小の方ですからね。
大に書いてあったそりゃホントに「うっそだぁ〜!」でしょう。
いや、それでも下に土とかあったらあり得ない話じゃないんだけど。
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|
ういち「今週の出来事」
常人にはおよそ理解できない、一言で言えば奇抜なファッションでこの業界の最先端をひた走る木村魚拓さん。

同時期の面接で一緒に必勝ガイドの門を叩いた18年前は、波乗りで浅黒く日焼けした肌に肩まで届くゆるふわパーマで、牛柄のハーフパンツがよく似合う、それはそれはワイルドなお方だったと記憶しておりますが、いつの頃からか「分かる人にしか分からない、けど、分かる人がほぼいないからやっぱり分からない」という書き方が一番しっくり来る独自のファッションセンスに目覚められたように思います。

数年前、ブルースリーのコスプレとしか思えないジャージの上下を着ておられましたが、お洒落には投資を惜しまない彼の事です。もしやこんな物でも結構な値段するのかもと思いながら恐る恐る値段を聞いてみたところ、6万だったか7万だったか忘れましたが、とにかく予想の遥かに上を行く値段だったのは未だに忘れる事ができません。

そんな彼のセンスもいよいよここに極まれり。

一体いくらしたのでしょうか。恐らく、想像を絶する額に違いありません。













正直、驚いたのはお召し物の値段ではなく、この格好で路上で電話するその度胸であった事は言うまでもありませんが、一体どんな理由でこんな服を彼が着ているのでしょうか。その謎は、いずれスカパーのサイトセブンで放送される「パチスロ珍道中」という番組で明らかになるはずです。視聴可能な方は是非とも御覧下さい。
08:30 | ういち「今週の出来事」 | - | -|