スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
バイソン松本「松本プレミアム」
元パニックセブンの名物編集者イマイさんは現在ガイドワークスを退社されてフリーのディレクターをしているのですが、仕事を変えてもファンタジスタっぷりを発揮しております。



先日は大阪ロケだったのですが、朝ホテルのロビーに降りると明らかにヤベー奴が椅子に座っているんですよ。

髪はビショビショ。もちろん外は快晴です。
奇抜な色の靴。
紫の花柄っぽいシャツ。


イマイさんだったんですけどね。最初は服装から女性だと思ってしまいました。
ドライヤーとかしないんですか? と聞くと「松本さんドライヤーするんですか!?」と逆に驚かれて、ぐうの音も出ませんでした。まぁ悪気があってやっているわけじゃなく、極端にマイペースなだけなのでなんとも思わないんですけどね。むしろ面白いぐらいです。

先日、カメラマンが家にカメラを忘れて現場に来たって話をイマイさんにしたら、めちゃ笑っていたんですよ。「はははは(笑) ありえないっすよ。それ!!」って。


イマイさん。カメラバッテリー忘れて来たんですけどね。

わたしの願いはイマイさんが厳しい人に出会わないことです。こんなに笑顔を届けてくれる人はそんなにいません。
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
しつこいようですけど、今回も「CRめぞん一刻〜約束〜」の話です。

これまでコラムやらツイッターやら浮草やらでさんざん書き散らかしてきましたが、私は高橋留美子先生の名作「めぞん一刻」が大好きです。ガイド編集部も私の強い思いを汲み取ってくれて、過去に登場したパチスロ版の4機種(初代・あなたに会えて、本当によかった・夏色の風と・桜の下で)は全て担当ライターを任されましたし、もしも今後も続編が登場することがあれば、おそらくまた担当ライターに指名して頂けるものと私は信じています。

個人的に、機種物の担当ライターは、担当した機種を心から愛し、プライベートでもその機種を深く打ち込める者がなるべきと思っております。だけど、昨今のような機種寿命が短く、激辛スペックの機種ばかりが多い状況では、そうとばかりも言っておられず、仕方がないので今は「自分の担当機種は少なくとも1回以上は身銭を切ってホールで打つ」という妥協点に着地しました。まぁ、中には自分の担当機種でもないのにバカみたいに打ち込んでいる「SLOT魔法少女まどか☆マギカ」みたいな例外もありますが、浮草家計簿に何度も繰り返し登場する機種は、その大半が私の担当機種だと考えて頂いて間違いありません(あくまでここ数年間の話)。

…で、めぞん一刻のようなシリーズ物の場合、初めて見た連続演出でもすぐに原作のシーンが思い浮かぶため、これがどうなれば演出に成功する等の先が読めるんですよ。めぞん一刻はすでに物語が完結している作品ですから、その傾向はさらに強くなります。中にはパチスロ版オリジナルの液晶演出を搭載した機種もありますが(初期のエヴァなど)、めぞん一刻の場合はおそらく版権元がそれを許可しなかったんでしょうね、過去に平和さん&オリンピアさんから登場したパチンコ版の3機種(初代・桜の下で・好きなのに…)と、前述したパチスロ版の4機種には、いずれも原作にあるシーンしか液晶演出に採用されていませんでした。


「お願い…一日でいいから、私より長生きして…。もう一人じゃ、生きていけそうにないから…」

ご存知、響子さんの名セリフ。「残りの人生を俺にください」と言った五代くんのプロポーズを、響子さんが受け入れたときの返事です。めぞん一刻においては屈指の名シーンであるため、全ての機種の連続演出に採用され、なおかつ高い信頼度を持つエピソード「約束」と命名されています。

以下、各機種の「約束」です。特にサブタイトルは掲載しませんので、どれがどの機種の「約束」か当ててください。全問正解された方には、私が惜しみない拍手を送ります(笑)。なお、写メの順番は登場順ではなくランダムなので悪しからず。















一機種だけ写メが見つからなかったので全部で6機種ぶん。当然のことながら映像も音声も使い回しではなく、新作が登場するごとに作り直されています。響子さんの声を担当されているのは、雪野五月(ゆきのさつき)さんという声優さんなのですが、テンションを全く落とさずに、何度も繰り返し同じシーンを演じられているのは、さすがにプロの仕事だと思います。


…で、ここからが今回のコラムの本題です。なんや、今までずっと前置きやったんかい! 呆れられるのはごもっともですが、もう少しお付き合いください。




これがパチンコ版の最新作「CRめぞん一刻〜約束〜」に使われている例のシーン。他にもバージョンがありますが、これは原画調の止め絵で進行する高信頼度のパターンです。

そして、この後日談として、五代家と千草家、それに音無家が一堂に会した結婚式&披露宴や、茶々丸で行われた親しい友人たちとの二次会(五代くんが響子さんのことを初めて「響子」と呼び捨てにする名シーンもあり)、さらには愛娘・春香ちゃんの誕生後に一刻館に戻って、住人たちに祝福されるシーンなども過去の機種では液晶演出に描き起こされており、原作は最後にこの響子さんの名セリフで静かに幕を下ろします。

「春香ちゃん、お家に帰ってきたのよ。ここはね…パパとママが初めて出会った場所なの…」





めでたし、めでたし。


ところが、最新作の「CRめぞん一刻〜約束〜」は、これで終わりませんでした。なんと、さらなる後日談となるプレミアムエピソード「約束の向こう側」が搭載されていたんです。



愛娘の春香ちゃんと一緒に台所に立つ響子さんと、それを見つめる裕作お父さん。非常にほのぼのとしたシーンだと思います。



高校生になった春香ちゃん。顔が見えないように上手く描かれていますね。


そして、その後も春香ちゃんの結婚やら孫の誕生やら…五代くんの視点でムービーが進行し、最後に表示されたのは年老いて杖をついた五代くんのくたびれた姿。あえて顔が映らないようにアングルが工夫されていますが、顎の線に深いシワが見えることなどから、おそらくは80代くらいじゃないかと思われます。

そんな五代くんが一枚の写真を取り出して見つめるんです。そこには、若かりし頃の響子さんが満面の笑顔をたたえていました。

その瞬間、私は全てを悟りました。ああ、五代くんは響子さんとの約束を守ったんだなと。だからタイトルが「約束の向こう側」なんだね。原作にないシーンを描くことを、原作者の高橋留美子先生がよく許可したものだと思いますが、この展開は全く予想していなかったため、正直言って驚きましたよ。気がつけば私の目から大粒の涙が溢れていて…いやはや、パチンコを打ちながら本当に涙が流れたのは、恥ずかしながら初めての経験です。

問題のシーンの写メは敢えて掲載しませんので、めぞん好きのプレイヤーは是非ともご自身で引き当ててご確認ください。なに、演出の発生条件は大したことありません。単純に、256分の1の大当りを引き当てて、内65%で突入する確変にブチ込み、電サポの保留内で16R大当りを複数貯めて、しかる後に2分の1の振り分けをクリアすればいいだけです(残りの半分はプレミアムエピソード「結婚披露宴」が発生する)。私はこの演出に到達するのに約1万5000回転を要しましたが、本当に感動的なエピソードなので、是非ともチャレンジして頂きたいと思います。その結果、全国的に稼働が上がれば機種の寿命も伸びるでしょうし、私にとっても非常に嬉しいことです。


(C)高橋留美子/小学館
(C)HEIWA
(C)OLYMPIA
08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
廉価版と呼ばれるコミックスは移動の友。コンビニなどで売られている、過去の作品を一冊に、ボリューミーにまとめた本は読み応えがあり、暇を解消してくれる武器である。

その中でもお気に入りなのがゴルゴシリーズで、どこから読んでも楽しめるのが素晴らしい。持ち運ぶのはやや面倒だが、近所に古本屋があるので、108円で買えるのはありがたい。旅のお供にはぜひゴルゴを。




ゴルゴの魅力は、社会情勢を知れることにある。最新話であれば、ニュースにすらなっていない他国の問題を知ることができる。どこから情報を仕入れているかを考えたら、ドアをノックされそうで怖いから詮索は避けるが、自分が賢くなったような気になれる。


もうひとつ、ゴルゴといえば濡れ場だ。一般的に男は女を抱きに行くものだが、ゴルゴの場合は女性から求めてくる。女性の喘ぎ声は「オオオゥゥゥ」と、絶頂のその先に行っていることから、ゴルゴは夜のパイソンも一流に扱う…って、やかましいわ!

とにかく、ゴルゴは見どころが多い。読み物としては超一流。世界に誇る日本の漫画と言える。ああ、ゴルゴが読みたい。コンビニに行けば、だいたいゴルゴは置いてある。夜中にタバコとゴルゴを買いにコンビニまで走ると、もっと走っていそうな、そして、ゴルゴから逃げ切るんじゃないかと思わせる人が待っていた。買っちゃおうかな。




08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
オムライスとハンバーグの次に「おにぎり」が好き。好きな食べ物ランキングで、おにぎりを上位に持ってくる人はなかなか少ないだろうけど、俺はおにぎりにウソはつけない。たかが、おにぎり、そんなことを言う人とは仲良くなれないね。


おにぎりには魔法がかかっている。茶碗にごはんを入れて、そこに塩を少しふりかけて、おかかを乗せたごはんがあったとしたら、まあまあ美味いだろうけど、握ることで旨味は何倍にも増すのがおにぎりの魔法だ。


天むすの海老なんて本望だと思うよ。自分の最後がおにぎりの具材なんて、俺だったら神に感謝しておにぎりに刺さるね。喜びのあまり尻尾が動いちゃうかもしれないよ。


ツナマヨなんて、主張する場所がサラダぐらいだったのに、おにぎり界ではそれなりにエース的な扱い受けているからね。おにぎりは、食材を救って活躍の場を与えるやさしさもあるんだよなぁ。


ただ、コンビニのおにぎりはたしかに美味いが、駅などで見かけるおにぎり専門店に比べるとやはり少し劣るだろうか。どうしても、人肌で握った際の魔法がかからないのだ。


俺はもしかしたら、手作り感のあるものが好きなのかもしれない。そういえば、こどものころ、風邪をひいて高熱を出して弱りながらも、少しずつ食欲がでできたら、母がしょうゆとおかかのおにぎりを作ってくれた。その思い出が強く残っているのかな。


欲を言えば、もっと安くしてほしいよね。おにぎり専門店は一個200円オーバーが基本だし、物によっては300円を超えるものもある。小さなこどもがあれも食べたい、これも食べたいと言えるぐらいの価格であってほしいし、部活帰りの学生が気軽に買えるようならなおいい。


おにぎり2個に、味噌汁をつけて、お茶まで頼んだら700円って…たかが、おにぎりじゃねーか。おにぎりのくせに生意気じゃねーか。やっぱ俺、オムライスが好きだわ。








08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
設定推測実戦で困るのが「ガッツリ出ちゃう」こと。
ATやART機は通常時に設定差があることが多く、AT・ARTに入ってしまえば差はほとんどありません。5000枚一気に出たけれど、設定はよーわからんって展開は皆さんも経験あると思います。

実際のホールならそれでも良いんですよ。設定推測は出来なくともしっかりリターンがあるからね。ただ、これが深夜ホール収録だと話は違います。

近々発売されるGODボックスに収録される凱旋vsハーデス6対6の深夜実戦に行ってきたのですが、この企画は「勝利チームに賞金」というルールでした。

まず凱旋とハーデスは設定推測難易度が大きく違います。偶奇をある程度しぼることができるハーデスの方が有利でしょう。自分はハーデスチームだったので、この時点で勝利を確信したのですが、MCの赤テンがうまいこと設定推測格差を是正するルールを作ったので、まずはそこが見どころかと。

この実戦のポイントは
低設定を打っている人は低設定らしいハマリを見せる。
これも重要。横の比較で推測することも可能ですからね。ただこの方法を使うと設定が入れ違えになってしまい、ひとつ間違うと連鎖でふたつ以上の設定推測を間違えてしまうというリスクもあります。


わたしは同じような企画でGODを揃えちゃって頭を抱えるという、閉店10分前のホールでしか見られないレアな体験をしたことがあるのですが、今回、GODを揃えた人には「設定推測のヒントが貰える」という、いいアレンジもありました。ルールのさじ加減がホント良い塩梅だったので、見どころのある実戦になったと思います。いやー赤テンさすがだわ。

もうひとつ見どころがありました。
アニマルかつみ兄さんの、どうしても上乗せしちゃうと喜んでしまう様子です。
上乗せして周囲に「ごめん!!」って謝っている光景は普段と違いすぎるので見ていてあまり気分が良くないかもしれませんが、そういう方はアニマルかつみ兄さんを見て下さい。



08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|