スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
えーと…今日は夕方6時から濱さん宅で新年会なのですが、乗るべき電車が到着するまでに中途半端な時間ができちゃったため、その時間を使ってコラムを書こうと思います。ちなみに、今日は1月7日の日曜日。時計の針は午後1時半を回ったばかりです。

前回の「晴れ時々パチスロ」でも書きましたが、私は大分の実家に大量の書籍(主に学生時代に収集した漫画専門誌など)を所有しています。何しろ30年以上も前の代物につき、大切に保管しているつもりでも、さすがに温度管理や湿度管理は無理なので、徐々に紙が劣化してくるわけですよ。特にヤバいのが手汗。本の背表紙の反対側から見ると、親指の汗で頁の端が黄ばんでくるんです。

まぁ、これはある意味で本を繰り返し読み込んだ証なので、勲章と言えなくもありませんが、大切に保存しておきたい本の場合(たとえば初版本や売り切り御免のムック本など)、そうはいきません。今の私は「保存用」と「読む用」に同じ本を2冊買うこともあるわけですが、貧乏学生だった頃の私にそんなお金はないわけで、当時は細心の注意を払い手袋をして本を読んだりもしました。そこまでやったにもかかわらず、これですよ。



「かがみあきら♥︎コレクション1&2」

いずれも表紙が変色&劣化しており、特に1の方は背表紙の折り返し部分に手汗が原因と思われる汚れが浮いてきています。考えてみれば、いくら私が手袋をして大事に扱おうと、印刷所から取次店を経由して書店に並ぶまでの間、本を扱う人は手汗なんかに注意を払ってはくれません。だから、おそらくその過程のどこかで汚れたのだと思いますが、今さら悔やんでもどうにもなりませんわな。

かがみあきら先生は、私が学生時代に最も好きだった漫画家さん。依頼された仕事をほとんど断らず精力的に作品を発表しつつ、当時人気のあった「超時空要塞マクロス」のメカデザインにも協力するなど多忙を極め、有り余る才能がありながら26歳という若さで他界されました。この2冊はかがみあきら先生の追悼本として発行された遺作集で、1冊1500円というかなり高額の同人誌ながら完売に近かったそうです(中身はスケッチ画やキャラデザイン等で漫画作品は掲載されていません)。

それでまぁ、古書サイトで検索してみたところ買取価格は1冊あたり600円前後。オークションサイトでは1冊あたり3000円前後で取引されているようです。いや、もちろん売ったりするつもりはありませんけど、なんとなく気になったものでしてね。


でまぁ、その他の所有本については大きな劣化は見られませんでした。




「漫画の手帖」1983年13号〜1987年24号
1980年に送還された漫画のミニコミ誌です(年4冊刊行)。前述したかがみあきら先生も執筆されていました。大学を卒業した後は興味をなくして買わなくなったけど、調べたところ現在でも発行され続けているらしいですね。しかも送還当時と同じ150円で。これって本当に凄いと思います。



これは「別冊 漫画の手帖」
本家・漫画の手帖はコラムや解説がメインなのだけど、こちらは漫画作品がメインです。これは意外と劣化してないなぁ…と思ったら、どうやら大して読み込んでいなかったみたい。だって、内容をほとんど覚えてないんだもの(笑)。


…とかなんとか書いていたら、時計の針はすでに午後3時。ちょうど良い時間となったので、今回の「晴れ時々パチスロ」はここまで。

これから支度して濱さん宅に出かけます。
08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
最近、お酒を飲んで断片的に記憶をなくすことがある。騒いだりするタイプではないから、迷惑がかかることはしていないが、人に聞くのも怖いし、何より自分が怖い。


そんなとき、便利なのがスマホの写真である。無意識、いや、もしかしたら意識的に記憶を残そうと脳が働いているのか、飲みの場での写真を撮ることが多い。


どこの店にいたのか、何を食べたのか、何を飲んだのか、自分はどんな感じだったのか、推理小説のように写真がヒントをくれる場合もある。


先日も記憶に曖昧な部分があるのでフォルダをのぞいてみると、悪い記憶がよみがえってきた。



ドイツのお酒らしいが、この酒が甘いわけがない。たしか、テキーラのような飲み方をした気がする。そりゃ、記憶もとぎれるものだが、自分はどんな振る舞いをしていたのか、そこが気がかりだった。


友達に聞いても、いや、いつもの鈴虫君だったよと言われたが、俺のいつもってどんな感じなんだろうと、写真に手がかりはないかと探していたら決定的なものがあった。





お店の看板犬である。いつも俺を襲う勢いでじゃれついてくるのに、ダウンジャケットの後ろに隠れるようして、哀れみの視線をくれたあと、今度は気まずくなって目をそらしているのが見てわかる。俺は犬に気を使われる飲み方をしていたのか…。


みなさんもパーティーを開催するときは記念撮影だけでなく、証拠写真を残すこともおすすめしたい。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
ボーナスタイプのコードギアスが導入されましたが、事前の予想より1枚役を狙っている人は少ないっすね。
1枚役は入賞するとRTがパンクする役なのですが、通常時にこの役を狙わずに普通にチェリー狙いのDDTでプレイしている人が多いようです。

1枚役の確率が出ていないので正確な数値はわかりませんが、およそ15分の1程度では出現しているので、1000円あたり1ゲームぐらいの効果はありそうというのがショールーム試打時の予想でした。

現段階でわかっているメーカー発表の機械割を参考値として書いておくと、
通常とフル攻略(小役完全奪取、ボーナス揃え平均3G)で

設定1で97.8%→99.4%
設定6で112.0%→113.9%

と、設定1で1.6%、設定6で1.9%の差があります。上級者と中級者でここまで差がつくマシンってそこまで多くありません。一日スパンで考えると8000円程度の差が出ちゃいます。
普段は1枚役奪取に「本来のゲーム性を無視しちゃうから……」「みみっちい」と懐疑的なわたしもここまで完全DDT効果が高くなるならやらざるを得ません。


ただ、通常時に1枚役狙いの手順でプレイすると、出目が完全に死んじゃうというリスクもあります。ホントつまんなくなるんですよ。出率を取るか、リーチ目の爽快感を取るか……。



ちなみにRT中1枚役が入賞しちゃうと、即RTは終了します。気をつけましょう(わたしが)。
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
みなさま、あけましておめでとうございます。今年もパチスロ必勝ガイドをよろしくお願い申し上げます。


さて、みなさんは年末年始をどう過ごしただろうか。紅白やガキ使を見たり、年が明けたら初詣に行ったり、なんてことはない庶民の生活をしていたことだろう。


俺はシドだった。心に中学二年生のシドビシャスが住んでいるから、年末年始だからと特別なことをするのはカッコ悪い、いつも通りのスタイルを貫いてやるぜと1月2日に打ちに行き、56本負けるという、パンクスタイルを全うした。


今年はワルになる。できないことはやらない、むしろ短所を伸ばしてみたらどうなるかをテーマに生きていこうと心に誓ったわけだが、新年早々、見たこともないワルに遭遇した。


みなさんは、麻雀アプリのMJをご存じだろうか。オンライン対戦やコンピュータとの対戦ができる、人気麻雀アプリである。この中にワルが潜んでいた。





麻雀を詳しくない方に説明すると、麻雀は反時計回りに牌を取って、いらない牌を捨てていく。最初に牌を捨てる「親」と呼ばれるプレイヤー(画像では右側のプレイヤーが親)から順に捨てていくわけだが、ここでもう一度、上の画像を見ていただきたい。


おわかりいただけただろうか。


手前の自分と上家(左側)が一回飛ばし、一回休みを食らっているのである。右側の捨て牌が6、切り順の対面は5、左と自分は4である。専門的な話になるが、他人の捨て牌を使える「鳴き」と呼ばれるチー、ポンがあれば、捨て牌の枚数も変わってくるけれど、その形跡はない。


よく見ると右のプレイヤーは手牌が12枚しかない…。これはおかしな話である。この場にとんでもないワルがいる。理由はよくわからないが、おかしな状況になっているのだ。ゲームがワルなのか、プレイヤーがワルなのか、いずれにせよワルがいる。


ワルになることを誓ったのに、それを上回るワルを見させられたら、今年はもうダメ。今年も普通でいいです。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
スロガイフラグ読者の皆さま、新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も「晴れ時々パチスロ」をよろしくお願い致します。

そんなわけで、今年も恒例のご挨拶から始まりましたが、正月休みに例によって暇を持て余し、実家の自室に保管していた学生時代の本を発掘していたところ、今回はこんなお宝が出てきました。



アド・サークルさんが発行しているパチンコファン向けのタウン誌「王様手帖」です。現在では判型が大きくなって「書籍」と呼べる感じになりましたが、昔は7×15cmのミニサイズで、本当に小冊子といった印象でしたね。




でまぁ、発掘したのは昭和58年冬〜62年春にかけての39冊。59年3月号と61年3月号が欠けているのですが、これはおそらく大学の春休みで実家に帰省していて入手できなかったからでしょう。

王様手帖はフリーペーパーです。裏表紙に「¥100」と表記されてはいますが、パチンコ店で無料配布されていました。だからこそ貧乏学生だった私でも集められたんですが、ライター陣がとにかく豪華でしてね。著名な作家さんのインタビュー記事やらコラムやら…文字数は多くはないのだけど、すごく読み応えのある小冊子だったんですよね。故・田山幸憲さんも昭和62年から約10年ほど「パチプロ泡沫記」の連載をされていましたが、残念ながら私の所有している冊子は連載開始前のものです。また、パチンコ必勝ガイドなどで活躍されている神保美佳さんも、まだOLだった89年頃に「パチンコ好き女性」として王様手帖に紹介されたことがあるそうです(ご本人から伺いました)。それで、当時の号を古書サイトで探してみたんですが、昔の王様手帖そのものに結構な値段がついていて探すのを諦めました。


それにしても、書籍というものは本当に凄いと思います。今はインターネットが発達して、昔の本をパソコンで読んだりすることもできますが、個人的にはやはり紙の本が好き。内容が盛り上がってきた時にページをめくるドキドキ感は、決してパソコンでは味わえません。まぁ、本の所有数が増えると置き場所をとるのが難点ですが、古くなった本というのもまた何とも言えぬ味があるものです。

もっとも、こんな趣味嗜好で本を集めるから私の書庫は収拾がつかなくなっているんですけどね。とりあえず、今の仕事を引退したら本の整理をしようと思います(笑)。

08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|