スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
バイソン松本「松本プレミアム」
クロスカウンター打法という設定変更判別法があったのを覚えていらっしゃるでしょうか。4号機初期(4.5号機より前)は小役が一定区間引けなかったり、取りこぼした場合、小役確率を上げることでコイン持ちを補正する機能がついていました。この機能のことを小役カウンターと呼びます。

小役獲得の成否関係なしに、一定確率で小役が成立する5号機世代の感覚では
「小役高確率状態があるなら、わざわざスイカを目押しする意味が無いじゃん!!」
と思われるかもしれませんが、DDT(小役狙い打法)を使うと、小役カウンターを常にマイナス状態にすることが可能となり、ビッグボーナス成立で小役カウンターはゼロ地点に戻りますから、その差が中級〜上級プレイヤーの儲けとなる仕組みです。

この小役カウンターは設定変更でもリセットされるので、

閉店時に小役をハズしまくって(変則押しをするとベルもハズせるマシンがあった)
翌朝小役が揃いまくったら設定据え置き
ゼロ地点だったら設定変更

打ち込み枚数など細かい説明は省きますが、枚数的には損をしますが設定変更か否かわかったんですよね。これがクロスカウンター打法です。

そして5号機時代。
クロスカウンター打法に変わる何かを探していたガイド編集部に絶好の台が出ました。
初代エヴァ『新世紀エヴァンゲリオン』です。

このマシンは設定変更すると3つある通常ステージのうち必ず街ステージからスタートしました。
ということは閉店時に他ステージまで移行するまで打って次の日

街ステージに戻っていれば設定変更

とまあ、いまでは考えられないぐらい簡単に設定変更がわかったのです。もちろん対策のため全台設定変更している店もありましたが、いまのホールほどガードが固くなかったように思えます。

で、この設定変更判別が使えるかどうか、実戦がはじまったのです


 恐ろしいことに、動画で。


店にはすべての台を打つ可能性がある立ち回り実戦だと撮影の許可を取り、前日の夜、カメラとともにステージを仕込むわたし。もちろんフェイクで他の台のデータも採りました。

翌日。
変更台をあっさり見つけ、打ってみるもベル確率は悪い。二台目もダメ。
残っているのは前日ダメダメで、ステージも変わっていない台だけ。

エヴァには「高設定無し」と判断して実戦は切り上げたのですが、

蓋を開けてみれば……
ステージ変更していなかった台が高設定でしたというオチだったのです。

防犯カメラでステージを仕込んでいるわたしを見た店長は低設定台を高設定に変えて、ステージチェンジするまで打ち込んだらしいのです。完璧に裏をかかれたわけですよ。


そんなのわからないって。カイジじゃないんですし、裏の裏をかくのは無理ですって!!
もしわかったとしても、三台目、四台目じゃリカバリーきかないですって!!


結局、この動画は企画趣旨から大きくズレるということでお蔵入りになりました。
十数年ぶりにこの話を思い出したので愚痴ってしまいました。あースッキリした。

10:09 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
3月19日に渋谷のライブハウス・Clob Asiaで行われた、マッパチ20周年記念ライブ「MAD FES 〜回胴不法集会2017〜」を観に行ってきました。

マッパチのライブを観るのはかなり久しぶり。10年くらい前までは、開催される度に観に行っていたのですが、私はもともと人混みが苦手な体質でして、千葉に引っ越してからはとんとご無沙汰してしまいました。それでも、今回は「もしかしてライブはこれで最後になるかも知れない」とガルちゃんがツイッターで呟いていたことにも背を押され、チケットが発売されてからすぐイープラスで購入しました。

ところが…。



「なにやってんのよ、チケットを買うならガルさんを通して買わなきゃダメでしょ!」

ライブハウスの事情に詳しい妻に、頭ごなしに怒られました。てゆーか、なんでダメなの?

「業者を介したチケットは取り扱い料が派生するから、そのぶん演者さんの手取りが減るのよ。だから、メンバーが知り合いなら必ずその人から買ってあげなきゃ。複数のバンドが出演する場合、誰を通して買ったかでギャラの分配に影響することもあるのよ。まったく、これだからシロウトは…」

妻は若い頃からライブが大好きで、私と結婚する前は贔屓のバントを追っかけて、全国を飛び回っていたようなライブハウスのプロ。さすがに結婚してからは自重していましたが、娘が中学校に入学してあまり手がかからなくなってからは、LUNE SEAやX-JAPANのライブを大阪やら名古屋やら沖縄にまで観に行くようになりました。そんな妻の放った言葉は重く、嗚呼、失敗したなぁと、ちょっとだけ後悔しちゃったんです。

まぁ、ギャラの取り分がどうとかいう話は契約内容にもよるのでしょうが、確かにClub Asiaの入り口で係員のお姉さんに「どのバンドを目当てにご来場しましたか?」と聞かれたっけ。もちろん私は即座に「THE MAD PACHI-SLOT BROTHER’Sです」と答えたのですが、音楽の業界にもいろんなルールや暗黙の了解があるのだなぁ…。


とか何とか思っている内にライブが開演し、まずはみそ汁さんの「鉄鋼潤滑油」が、井上由美子さんのボーカルと、少々目のやり場に困る衣装で盛り上げました(写真は撮れず)。



続いて登場したのが、ポッカ吉田さんの「Jelly Fish」。向かって右端のギターは安田一彦プロで、左端のベースはパニック7の編集長Tさん。ポッカさんの陰に隠れて見えませんが、ドラムスは和泉純さんです。


次は山本コーラさんの「ColAsloAT」。メインボーカルは貴方野チェロスさんで、ラップ系の世界観を見事に表現されていました。それにしても、みんな本業はライターなのに、無駄に歌が上手いのはなぜだろう? ちなみに、動きの速さにiPhion6のカメラがついていけず、撮った写真はみんなピンボケでした(涙)。



射駒タケシさんのバンド「No Stock」。ステージが始まると同時に大人数が前方に殺到しました。よく見ると必勝本のライターさんたち。射駒さんがいかに後輩に慕われているかわかります。



そして、いよいよメインのマッパチ。この日、ガルちゃんは自らに気合いを入れるため丸坊主にしてきました。天授の儀に臨む劉宗武と同じ覚悟…と言っていました。さすが北斗の漢!



一瞬、アニ氏が2人いる…と思った方は残念賞。奥でベースを弾いているのがアニ氏で、手前のアニ氏っぽい人はギタリストのKAZUさんです。ご本人も、よく間違えられると仰ってました。



ともあれ、全5バンドのライブをぶっ通しで鑑賞し、オールスタンディングの辛さを足がパンパンになるほど体感したけれど、終了後はいつものように心地よい疲労感に包まれました。

そう、音楽は耳で聴くものじゃなく、全身で感じるもの。久しぶりにライブを観て、私も少しだけ若返ったような気分になりました(笑)。
08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
憧れていることがある。


自分は過去に一度、結婚しているが、プロポーズをしたことがない。娘を授かったことが機となり、すぐに結婚を決意。愛の言葉を耳元でささやき、照れた彼女が恥ずかしながら頷くような甘い瞬間は経験したことがないのだ。そう、憧れはプロポーズ。


ーーー結婚しよう。


ごめんなさいは、親、先輩、彼女、友達相手にこれまで何度も口にしてきたが、結婚しようは言ったことがない。…ごめんなさい。ウソだ。何度か言ったことはある。プロポーズではなく、愛情表現のひとつとしてだ。


セックスの終わりに言うなんて簡単なこと。早く終わってしまったことを相手に考えさせる暇もなく、スッと言うのがポイントで、ここで照れてはいけない。やや強引に言い切って、抱き寄せてそのまま寝かしつけるぐらいの勢いが必要だ。


布団の中での結婚しようは、言ってしまえばキスみたいなものだ。その瞬間、相手に布団の下から婚姻届を取り出されたら慌てるが、そんなサプライズはまず起こらない。


サプライズ。プロポーズではサプライズプロポーズなるものをよく耳にする。電光掲示板を使用したり、レストランで周りが仕掛け人だったり、非日常の間隙をぬって、徹底的に攻めるのが良しとされるが、あれって本当に女性はうれしいのだろうか。


あくまで個人の意見だが、一世一代の勝負事を、なぜ他人が見ている前で行う必要があるのだろう。恥ずかしいに決まっている。一歩間違えれば真剣味が足りないと思わる可能性だってある。サプライズは、相手に喜んでほしい、その気持ちからくるものだから否定はしないけれど、それなら個室だっていい。


たしかに雰囲気は重要。そうなるとホテルの一室がベストか。日にちは相手の誕生日をはじめ、何らかの記念日に少し贅沢をしてホテルに宿泊するとしよう。レストランで食事をして、部屋に戻ってシャワーを浴びる。モハメド・アリみたいにガウンを身にまとい、窓際に置いてある椅子に座る。


吉川晃司みたいな鋭い視線で夜景を見て、今日という日を振り返る。ちょっとしたユーモアをまぜながら笑いのある時間を過ごすけれど、ピタリと会話が途切れる瞬間、その刹那を逃してはならない。ざわ…ざわ…ざわ。


ここで、必殺の武器、指輪の登場だ。指輪…あれっ、指輪はどこに隠せばいいんだろう。自分はガウンを着ている設定である。ここぞという隠し場所がないじゃないか。カバンに取りに行くのも間が悪いし、最後の決め手なのに、指輪の最高演出がない。


これじゃ、フラれてしまう。この想像、昔もしたことがあって、同じように指輪を出せずにいた。昔から何も変わってなくて、今も大事なセリフが言えない。いつか、言えるようになるその日まで、生きて生きて生き抜いてやる。


これといった写真が見当たらなかったので、40Gで終わった2年ぶりの倍プッシュを。死にたくなりましたね。





17:00 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
GW明けに設置開始が予定されている、サミーさんの新作「パチスロ サクラ大戦〜熱き血潮に〜」のショールーム試打に行ってきました。



サミーさんのサクラ大戦シリーズは今回で迎えて3作目。2011年の「パチスロ サクラ大戦3〜巴里は燃えているか〜」と、その翌年に登場した「パチスロ サクラ大戦〜Loop ver.〜」はともにセット継続タイプのART機でしたが、今作もセット数継続の流れを継承しつつ、前作までとは全く違ったシステムで激アツのゲーム性を演出しています。

基本的なゲーム進行に関しては、本日発売の「パチスロ必勝ガイドMAX4月号」の特集記事を参照していただくとして、何より凄いのは「出始めたら止まらない感」に尽きます。

この機種はART中、液晶画面の左下に「風」「林」「火」「山」のアイコンが表示されており、右の好感度メーターがMAXになると対応したアイコンが点灯します。アイコンが点灯して以降は、高確移行率(風)、撃破数(林)、必殺技発動率(火)、高確滞在率(山)の基本性能がそれぞれアップし、当該ARTが終了するまではずっと状態が維持される仕組み。各好感度メーターはチャンス役の成立時に上昇するので、ARTが続けば続くほどメーターが上昇し、同時にARTも終わりくくくなるという、非常に斬新な継続システムになっています。

そして、特定の条件を満たした後のART終了時には、ご覧のようなエンドロールが流れます。




もちろん、ここまでたどり着くにはそれなりの僥倖が必要となるのですが、新基準機の中ではかなりやれそうな印象を受けました。

ちなみに、今回の試打は非常に短時間だったこともあり、ゲーム性を把握するため各種抽選値を水増しした展示会用の基板でプレイしました。それゆえ、当然のことながら出方を鵜呑みにはできないのですが、次回の試打ではノーマル基板を用意していただけるそうなので、私は今からとても楽しみにしています。このところ、ノーマル基板を試打する機会がないままホールで対面し、その結果、「あれ?」と思ったケースが続いているので、今回こそは試打の時点で本質を見抜きたいと思います。読者の皆さんもお楽しみに!


(C)SEGA
(C)Sammy イラスト:松原秀典

08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
見た目のかわいい僕ちゃんが、ラップが好きだと言ったら、悪そうなやつはだいたい友達だと思われるから隠してきた。メディアで取り上げられた今、ここぞとばかりに乗っかったような恥ずかしさもあるけれど、正直に言おう。俺、ラップが好きだ。


そりゃ、世の中に同じ気持ちの人はいるだろうが、ラッパーの見た目がかっこいいとか、楽しそうとか、そんなことはどうでもいい。いや、じつは自分も思っているんだけど、本音はラップの言葉にある。


CDの音源にしろ、フリースタイルにしろ、よくそんな言葉が思いつくなと、特に即興のラップバトルは頭の回転の早さにただただ感心するばかり。言葉を使う仕事に携わる者として、ラッパーの方々のセンスから何か学べることはないかと、ただ聴くばかりではなく、吸収しようとしている。


今から2、3年前だったか。キュインマニアという雑誌のワンコーナーにてラップバトルのドッキリを仕掛けられたことがあった。クイズに答えていたら急にBGMが変わり、ラップバトルのスタートである。仕掛け人は用意したものを、こっちは即興、それにしてはうまく対応できたものだ。


この日がきっかけでいい気になっちゃってね。俺にもできるんじゃねーか、かっこよくビートに乗りこなしちゃうぜと、軽く練習を始めたんだけど、頭が追いつかない。言葉が出てこない。ひとりサイファーを開催してもまったく楽しくないのである。


それならばと既存の音源を歌えばいいじゃないか。いや、それもNGだった。ラップならごまかせると思った俺の音痴は想像以上にひどく、リズムに乗れない。




ラップのクラシック曲と呼ばれる「蜂と蝶」は、聴いているぶんには歌えそうなのに、いざ鳴らしてみたら難しすぎて舌が絡まるの。ただ、蜂と蝶は言葉の使い方がかっこよくて、歌い切れたら最高なんだよなぁ。


うん、まずは友達から見つけるわ。一緒にラップをやってくれる友達。そして、一緒にカラオケに行ってくれる友達。ひとりカラオケはつらいよ。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|