スロガイ☆フラグ

パチスロ必勝ガイド携帯メールマガジン
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
ガイドMAX2月号の目玉ページをご覧になった方ならすでにご存知でしょうが、来たる2月20日よりサミーさんの最新ART機「パチスロ宇宙戦艦ヤマト2199」の設置が始まります。



これまでも当コラムで何度か書いたことがありますが、私は子供の頃から「宇宙戦艦ヤマト」が大好きでしてね。今回の版権は約4年前にTBS系列で放映された「宇宙戦艦ヤマト2199」であり、オリジナルのヤマトではないのですが(SANKYOの「CR-F宇宙戦艦ヤマト-ONLY ONE-」はオリジナルヤマトの版権を使用)、この2199版は旧作ヤマトの単なるリメイクにとどまらず、矛盾や設定ミスなどをクリアしたブラッシュアップ作品になっていて、SF作品としての完成度は旧作ヤマトを遥かに凌ぎます。まぁ、個人的には松本零士氏の作品でなくなったことが非常に残念というか、むしろ松本版の新作ヤマトを観たいと思っていたんですけどね。


でもって先日、「昭和40年男」という雑誌を買ったんですが、その表紙と裏表紙に新・旧ヤマトの宣材画像が使われていました。



これが表紙。1978年に公開された劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のポスターになった有名な画像です。祈りのテレサが追加で描かれている別バージョンもありますが、右上の古代進&森雪のツーショットは全ての画像で使用されています。



こちらが裏表紙。2月25日から随時劇場上映される「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の宣材画像です。キャラクターデザインが一新されたことで、旧作に比べてかなり洗練された今風のタッチで描かれていますが、私個人としては違和感はないように思います。てゆーか、新作公開のタイミングに合わせてパチスロ版の設置を始めるなんて、見事なプロモーションとしか言いようがありません。ここらへんは、さすがに業界のトップメーカーですね。


ところで、新作の「宇宙戦艦ヤマト2202」は、旧作の「さらば〜」もしくは「ヤマト2」のストーリーをベースにしたリメイク作品だと思うのですが、特攻というラストだけは絶対にヤメてくれよと。できれば未来ある若者が生き残る「ヤマト2」がベースであって欲しいと、私は深く願っているのでした。この雑誌でヤマトの記事を書いたライターさんは「さらば〜」を名作と呼んでいるけれど、人が死ぬことで観客を感動させる映画より、生きることで感動を呼ぶ映画の方が私は好きです。

ともあれ、話が少しそれましたが、私は2月20日の「パチスロ宇宙戦艦ヤマト2199」のデビューが非常に待ち遠しいのです。このところ、新基準機はどれもこれも手強い仕様になっており、打ち込みたくてもなかなか打ち込めません(すげぇ負けるから)。果たしてヤマトはどうなのかな?


なお、全く関係ありませんが、私がこの雑誌「昭和40年男」を買ったのは、私と同い年の漫画家・上條淳士のインタビュー記事が掲載されていたから。私が上條淳士を知ったのは二十歳の頃で、自分と同い年なのにすげぇやつがいるもんだ…と。以来、ずっと尊敬しています。個人的に好きな漫画家さんはいっぱいいるんですけど、リスペクトする漫画家さんはそうそうおりません。



これはその記事。上條淳士の代表作「To-y」に関する解説なのだけど、上條さんの意図と私の解釈が大きくかけ離れている部分もあって少し驚きました。ただ、一つだけ思うのは、上條さんは言葉で解説すべきじゃなかったなぁ…って。漫画作品だろうがパチスロだろうが、あらゆる創作物は製作者の手を離れてしまえば読者やプレイヤーのものだし、読者の数だけ違う解釈があっていい。打ち手がどう呼んだり略したりしても、愛があれば構わないと私は思います。

なんだか、またしても話が変な方向に進み始めたので、今回のコラムはここまで。これから、久しぶりに「読む用」に買ったTo-yの単行本を読み返そうと思います(保存用は実家で厳重に保管中)。

08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
男子校ノリが強かったパチスロ必勝ガイドですけど、河原みのりちゃん入学をきっかけにして、ここ数年で女性ライターが一気に増えました。
オリ術やパニック所属も加えると高校の一クラス分ぐらいは女性ライターがいるんじゃないでしょうか。みのりんがガイドに入った時、八百屋さんは「女性ってだけで仕事もらいやがって!!」と僻んでいましたが、いまは鼻の下を伸ばしているだけです。


これだけ増えると接点なんてございません。
映像仕事で一緒になることはあるのですが、その後の飲み会は気を使って簡単には誘えないですし、プライベートでの交流はほとんど無いのが現実。女性ライター目当てでガイドの門を叩こうと思っている男性諸兄は覚えておいて下さい。まずはゴミまみれの攻略ルームに押し込められて、毎ゲーム演出を採ることから始まります。



そうは言っても例外というものは常にあること。
先日、みそさんとの収録終わりに撤収の準備をしていたところ、必勝ガイドのライター見習い清水いちかちゃんに偶然出会いました。次の日が旧特定日だったので下見に来たら、わたしたちがそこで収録をしていたようです。
収録ホールでは収録に参加していないライターは基本的に打つことは避けます。自分もプライベートで打ちに行った店で収録が行われていたら、それが他の雑誌であっても店を変えますから。理由は高設定台に座った場合、高設定台を一台ツブしてしまうことになりますし、もし出ちゃったりしたら他のお客さんに疑惑を持たれるきっかけになるかもしれないからです。明文化されてはいなく、マナーみたいなものです。

「打てないなら一緒に飲みに行く?」「はい!!」

って流れで居酒屋でいろんな話をしました。
彼女は現在定期的に編集部に作文を送り、添削してもらいながら、ショールーム取材などを行っている真面目な新人女性ライターみたいです。スロットについて……ライターという職業とは……どのように仕事を広げていくか……お酒って怖いですね、普段はしないのですがお酒の力もあって先輩っぽいアドバイスをするわたしとみそさん。こんなところ編集や先輩ライターには死んでも見られたくありませんが、清水いちかちゃんは「はい!!」「はい!!」と素直に聞いてくれました。


お会計も済んで、店を出ようとしたところ、なんと店員さんからわたしとみそさんに「いつもガイドを見てます。頑張ってください」と耳打ちされたのです。「聞かれてたかもーーー」お酒を飲んでいるからではなく、普通に赤面してしまうわたしたち。
ふたりで凹んでいたら清水いちかちゃんが

「あーーさっきの居酒屋さんがツイッターフォローしてくれてる」

普通に喜んでいるんですよ。オジサン困っちゃったな。
居酒屋の方へ。めちゃ美味しかったです!! できれば他の方には話さないで下さい。
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|
アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪
独り身の食事ほど切ないものはありませんね。炊飯器がないから、フライパンで米を炊いたら、水加減を誤ってバリかた。口の中に小さな手裏剣が入ったかのように痛くて涙が出ました。


詳細は省きますが、CS番組の一部で料理を作るシーンを自宅で撮影しているため、調味料は山ほどあります。20種類ほどでしょうか。フタを開けるだけで異臭を放つナンプラーまであるので、どれだけ豊富かおわかりでしょう。


外食やお弁当で済ませることもありますが、原稿中や深夜など、外に出るのが面倒なときは冷蔵庫の中身と相談して、ササっと作ることも。なんとなく塩やこしょうを振ってみるけど、最終的にゴマ油を振りかければ、なんでもしっかりした味に仕上がります。


得意料理はもやし炒めで、辛すぎず、薄すぎずの絶妙さには自信あり。周富徳さんが私のもやし炒めを食べていたら、来日を諦めていたことでしょう。


ちなみに、炒めすぎずにしっかりとシャキシャキ感を残す、これまた絶妙な火加減と時間にも自信あり。王将や満州のオーナーが私のもやし炒めを食べていたら、ここまでチェーン展開していたのか疑問が残ります。


ただ、静かな部屋に響くシャキシャキ音ほどさみしい音はありませんよ。へぇ、もやしってこんな音がするんだぁって。静かな店でパチスロを打ったときに気づくウェイト音みたいに、発見と同時に切なさもあります。


もやし炒めは止めよう…。そう決意してからは、もっぱら袋ラーメン。カップ麺よりもまだ作った気になるし、安くて味も好みだ。


だけど、ここでも切なさを痛感することに。箸を買ってなく、これまでずっと割り箸で過ごしてきた。その割り箸が尽きていることに気づかず、ラーメンが完成した場合、必然とこうなる。





あちちちっっっ。フォークが熱いよっ。食べるたびに舌を襲う熱で、踊るようにしながら食べている自分が窓ガラスに映って泣きそうになったんだよね。もうなにを食べても独りはさみしいんだ。せめて、炒めたもやしをラーメンに入れていたら、少しは気分も違ったのかな。今年の冬は例年以上に寒いような気がする…。
08:30 | アレ鈴虫が書いている〜リーチメリーチメリーチメリン♪ | - | -|
ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」
最近は、年末から年始にかけて登場した新基準機をポツリポツリと打っています。残念ながら今のところ私の好みに合う機種には巡り会えておりませんが、この先もデビュー待ちの新機種が結構な数スタンバっているので、どこかで思い切り打ち込める機種に出会えればいいな…と思っております。

ところで先日、約2年ぶりに福岡レバーオンにお呼ばれしまして、そちらのスタッフと話しているときに「パチスロは出玉率の上限値に対してはうるさいのに、下限値について全く話題にならないのは何故だかな?」って話題になりましてね。おそらく、打ち手が上限値にしか興味がないからだろうってことで皆の意見が一致したんですけど、実際の下限値については誰も詳しいことを知らない。よくよく考えると、これって大問題だと思うんですよ。


調べてみたところ「パチスロの機械割は55%を下回らず、かつ120%を超えてはならない」となっていました。5号機の場合、「400Gで300%以内。6000Gで150%以内。17500Gで120%以内」という上限値を実射試験に追加し、さらに適当打ち17500Gで55%以上という下限値も決められていました(注・これはあくまで5.0号機登場時の規則であり、5.5号機や5.9号機では更なる追加項目があるかもしれません)。


な〜んだ、ちゃんと下限値があるんじゃない。だったら安心だ……とはならないのよね、実は。

この下限値を、具体的な数字に置き換えてみましょう。仮に丸1日ぶん回して8000G消化したとしましょう。この場合、IN枚数は8000×3枚=24000枚、OUT枚数はそれの55%で13200枚。つまり差し引きで10800枚のマイナスということです。

等価でなんとマイナス21万6千円也。

普通に考えてそこまで突っ込む人はいないと思うし、ようするに出玉率の下限値は「あってないようなもの」なんですよ。しかも、今は都内をはじめとする多くの地域で、パチスロの非等価交換化が進行しつつあります。そして、福岡は組合の申し合わせで一律5.5枚交換になっているそうで、非等価にシフトした直後はそれなりに高設定ぽい台が散見されたけど、今じゃ等価の頃と全く変わらなくなったと嘆いておられました。まぁ、それでもパチスロが好きだから打つんですけどね…とも。


こりゃあ、おとなしくボーナスタイプを打つのが正解かな?

そんな風にも思いましたが、私が大好きなクランキーセレブレーションは、すでにホームグラウンドからハズされています。もちろん、他の店に行けば打てるけど、私はプライベートのスロは居心地の良い店で打つことを優先するので、結局のところ選択肢はハナビしかなくなっちゃう(バーサスもありますが個人的にハナビの方が好きなので)。そして、ボーナスタイプの王様であるジャグラーは、個人的に大の苦手なのよねぇ…。


果たして、パチスロはどこから来てどこに行くのか?

ふとそんな哲学的なことを思ったりもしたんですが、いろいろと考えたところで何も変わらない。何も変わるわけがない。だったらせめて、好きな機種を好きなだけ打つのが正解かな…と。

そんなわけで、私は今年もガイドDVDの実戦では下手くそだと思いますが、それなりに楽しんで打ちますので、どうぞよろしくお願いいたします。

m(_ _)m



08:30 | ドラゴン広石「晴れ時々パチスロ」 | - | -|
バイソン松本「松本プレミアム」
昨日は居酒屋で飲みながら必勝ガイドのあれこれについて喋る撮影。今日はスタジオでクイズの撮影と、自分が何屋さんなのかわからない日々を送っております。スロットを打つと、仕事をした実感があるってのもおかしな話ですが、ここ数日はスロットを打っていないので仕事をしているという実感がほとんどありません。



両日ともマエダさんと一緒だったのですが、今日は珍しくスーツを着ていなかったんですよ。昨晩の撮影後にキャバクラに行ったのですが、そこでボーイさんに塾長のマネージャーだと思われたのがショックで、脱スーツ姿でも企んでいるのか聞いてみたら

「今日は力仕事があるんで私服なんです」

聞けば、編集部からスタジオまで椅子やテーブルなど備品とスロット筐体の運搬、設営。そしてハイエースの運転まですべてマエダさんがやったそうなんですよ。もちろん仕事として。

「えーーー。この現場ってマエダさんが作ったの?」
「そうなりますね(ドヤ)」

マエダさんの仕事のスタンスは「なんでもやります」ですけれど、ハイエースの運転までやるとは感服いたしました。そりゃ仕事が増えるハズだわ。
08:30 | バイソン松本「松本プレミアム」 | - | -|